Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

ついに公開!『バーフバリ 王の凱旋 完全版』167分の真のクライマックスを体感せよ!

2018年5月31日

(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

 

古代インドのマヒシュマティ王国を舞台にした、偉大な父と偉大な息子の物語『バーフバリ 王の凱旋』の完全版がいよいよ6月1日(金)から公開される。

 

バーフバリ 王の凱旋 完全版』は、古代インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」をベースに、伝説の戦士バーフバリの壮絶な愛と復讐を描き、本国インドで大ヒットしたほか、日本でも異例のロングランヒットを記録した「」のオリジナル完全版。日本公開された141分のインターナショナル版よりも26分長い、本国インドで公開された本編167分の完全版で、ヒロインのデーヴァセーナが歌い踊る楽曲「かわいいクリシュナ神よ」のシーンなど、日本初公開のシーンが多数含まれている。

 

『バーフバリ 王の凱旋』は、蛮族カーラケーヤとの戦争に勝利してマヒシュマティ王国の王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の王女デーバセーナと恋に落ちるとこから始まる。しかし王位継承争いに敗れた従兄弟バラーラデーバは邪悪な策略で彼の王座を奪い、バーフバリだけでなく生まれたばかりの息子の命まで奪おうとする。25年後、自らが伝説の王バーフバリの息子であることを知った若者シブドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして暴君バラーラデーバに戦いを挑む…

 

『バーフバリ 王の凱旋』 ≪完全版 オリジナル・テルグ版≫は、6月1日(金)より、 出町座ほかにて、全国 ロードショー。6月9日(土)からはテアトル梅田でも公開。

一足早く完全版を拝見した。今回、改めて1作目の『バーフバリ 伝説誕生』から通して5時間以上をかけて観たが、より芳醇な物語に仕上がっている。追加された計26分のシーンには、各キャラクターの個性がより一層引き出され、ユーモアもあり、感情表現も豊かだ。全体的なストーリーは変わらずとも、最後の最後まで見逃せない167分をぜひ期待してほしい。
それにしても、やはり『バーフバリ』はテンション上げて観ずにはいられない力がある作品である。既にマサラ上映に参加した方々の声を聞くと、そうならずにはいられない盛り上がる要素が詰め込まれた作品だ。細かいところを気にし出したらキリがないが、余計なことは考えずに心から映画を楽しむ意義が本作には詰まっている。いざ、マヒシュマティの民は一目散に劇場に駆けつけてほしい。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts