Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

アメリカにおける人種差別と暗殺の歴史に迫るドキュメンタリー『私はあなたのニグロではない』京阪神の劇場で公開!

2018年5月11日

2017年初頭にトランプ政権発足直後のアメリカでヒットを記録し、アカデミー賞候補になる等、数多くの賞に輝いたドキュメンタリー『私はあなたのニグロではない』が京阪神の劇場で5月12日(土)より公開される。

 

本作は、『ムルンバの叫び』のラウル・ペックが監督を務める。ナレーションはサミュエル・L・ジャクソン。第89回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門にノミネート。日本では第15回山形国際ドキュメンタリー映画祭のインターナショナル・コンペティション部門で上映され、優秀賞を受賞した。

 

映画『私はあなたのニグロではない』は、黒人公民権運動の活動家で、いずれも暗殺されたメドガー・エバース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの3人の軌跡を通して、アフリカ系アメリカ人の激動の現代史を描き出したドキュメンタリー。アメリカの作家で公民権運動家であるジェームズ・ボールドウィンの未完の原稿をもとに、ボールドウィンのテレビでの発言や講義などの映像、映画や音楽の記録映像を交えながら、公民権を得てもなお差別の本質が変わっていない現実を浮き彫りにする…

 

映画『私はあなたのニグロではない』は、5月12日(土)より大阪・梅田のテアトル梅田で公開。また、6月9日(土)は、京都・烏丸の京都シネマ、兵庫・三宮のシネ・リーブル神戸にて公開予定。

ニグロという言葉は、黒色人種を意味する学術用語であり、日常用いられる言葉としては好ましい言葉ではない。白色人種の人間が黒色人種の人間に向かって言ったら、なおさらだ。それが本作のタイトルを象徴している。
作品の冒頭で、1957年にアメリカの高校で初めてアフリカ系アメリカ人の女性が入学した際の光景が映されるが、大勢の白人が嘲笑う。”黒人と同じ学校には行かない””僕たちの高校に黒人を入れるな”と書かれたプラカードを持った白人少年まで映される。これは過去の出来事ではあるが、現在のアメリカを考えると、葬り去るべきない歴史であることは明白だ。それでも、本作は、痛ましい恥ずべき歴史を見せるだけではなく、未来に向かって希望を見出そうとしている。現実に向き合い、今を変えるために何をすべきか、そのヒントをもたらす作品だ。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts