Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

夢の国の外での大冒険!『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』がいよいよ公開!

2018年5月11日

(C)2017 Florida Project 2016, LLC.

 

米フロリダ州ディズニー・ワールド近辺の安モーテルを舞台に、社会の片隅で生きる母娘の姿を描いた『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』が関西含め全国の劇場で5月12日(土)より公開される。

 

本作は、主人公ムーニー役をフロリダ出身の子役ブルックリン・キンバリー・プリンス、母親ブレア役にはベイカー監督自らがInstagramで発掘した新人ブリア・ビネイトを抜擢。管理人ボビー役をウィレム・デフォーが好演し、第90回アカデミー助演男優賞にノミネートされた。全編iPhoneで撮影した映画「タンジェリン」で高く評価されたショーン・ベイカーが監督を務める。

 

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』は、カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリーは、フロリダ・ディズニーワールドのすぐ側にあるモーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしの生活を送っている。周囲の大人たちは厳しい現実に苦しんでいたが、ムーニーは同じくモーテルで暮らす子どもたちとともに冒険に満ちた日々を過ごし、管理人ボビーはそんな子どもたちを厳しくも温かく見守っていた。そんなムーニーの日常が、ある出来事をきっかけに大きく変わりはじめる…

 

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』は、5月12日(土)より大阪・梅田の梅田ブルク7、難波のなんばパークスシネマ、京都のT・ジョイ京都、兵庫・三宮のシネ・リーブル神戸他にて全国ロードショー!

本作では、カメラが子供達目線の高さを保ちながら撮影しており、子供達が遭遇している出来事は楽しそうに見えている。だが、視野を広げて大人目線で考察すると子供達には危険な出来事がいくつも発生していた…夢の国の外側は夢ではない。治安が悪く、本来は子供達が住んでいい環境ではないが、アメリカ社会の現実として存在している。なぜ、その場所に”夢の国”が出来上がったのか考えてみると、現実社会の本質が見えてくる作品でもあった。誰も観たことがないマジカルエンドと謳っているが、どう解釈するだろうか。大いに議論してみたい一作だ。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts