Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

ナチス戦犯アドルフ・アイヒマン処刑の舞台裏を描く『6月0日 アイヒマンが処刑された日』がいよいよ劇場公開!

2023年9月5日

©THE OVEN FILM PRODUCTION LIMITED PARTERNSHIP

 

第2次世界大戦でユダヤ人大量虐殺に携わった、重要人物アドルフ・アイヒマンの処刑の裏側を描いた歴史映画『6月0日 アイヒマンが処刑された日』が9月8日(金)より全国ので公開される。

 

映画『6月0日 アイヒマンが処刑された日』は、ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンの処刑の舞台裏を描いたヒューマンドラマ。ナチス親衛隊中佐としてユダヤ人大量虐殺に関与したアドルフ・アイヒマンは、終戦後ブエノスアイレスに潜伏していたところをイスラエル諜報特務庁に捕らえられ、1961年12月に有罪判決を受ける。処刑はイスラエルの「死刑を行使する唯一の時間」の定めに基づき、1962年5月31日から6月1日の真夜中に執行されることとなった。宗教的・文化的に火葬の風習がないイスラエルでは、アイヒマンの遺体を焼却するため秘密裏に焼却炉の建設が進められた。その焼却炉を作る工場の人々や、そこで働く13歳の少年、アイヒマンを担当した刑務官、ホロコーストの生存者である警察官らの姿を通し、アイヒマン最期の舞台裏を描き出す。

 

本作では、グウィネス・パルトロウの弟で『マッド・ガンズ』『デ・パルマ』等をがけてきたジェイク・パルトロウが監督・脚本を手がけた。撮影にはスーパー16mmフィルムを使用。ツァヒ・グラッド、ヨアブ・レビ、ロテム・ケイナンらが出演している。

 

©THE OVEN FILM PRODUCTION LIMITED PARTERNSHIP

 

映画『6月0日 アイヒマンが処刑された日』は、9月8日(金)より全国の劇場で公開。関西では、大阪・梅田のシネ・リーブル梅田や難波のTOHOシネマズなんば、京都・烏丸御池のアップリンク京都、神戸・三宮のシネ・リーブル神戸で公開。

近年、アドルフ・アイヒマンに関する作品は、劇映画やドキュメンタリー含め数多く制作され、日本の劇場でも公開されてきた。逃亡した彼を探し出すストーリーや裁判の様子を映し出すドキュメンタリー等、様々な作品がある。そして、今作は、処刑の裏側を描いた。裁判の判決後、あとは処刑するわけだが、処刑日までの日数がある中で、刑務官や警官は何を思うだろうか…丁寧に描かれていく。また、アイヒマンの遺体を焼却するならば、焼却炉に関わる人達も描かれていくのは実に興味深い。本当にこんな出来事があったの!?と思えるシチュエーションも出てくる。だが、秘密裏に行われた処刑であるが故、細かな記録がないため、劇映画ならでは醍醐味がある作品となっていた。まさに知られざる出来事をある意味で大胆に描いた興味深い一作だ。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts