Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

車の運転中に隕石にぶつかるという出来事に遭遇した女性がささやかな幸せを見つけていく『ツユクサ』がいよいよ劇場公開!

2022年4月26日

(C)2022「」製作委員会

 

小さな港町で歳の離れた親友や仲間と暮らす女性が、隕石にぶつかる希少な体験を境に、運命的な出会いを果たし、日常を見直す姿を描く『ツユクサ』が4月29日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『ツユクサ』は、過去を抱えながらも今日を明るく生きる女性に訪れる小さな奇跡をつづったヒューマンドラマ。小さな港町で暮らす五十嵐芙美は、気心の知れた友人たちと他愛のない時間を過ごしたり、歳の離れた小さな親友である航平と遊びに出かけたり、車の運転中に隕石がぶつかるという信じがたい出来事に遭遇したりと、楽しい毎日を送っている。しかし彼女がひとりで暮らしているのには、ある哀しい理由があった。ある日、彼女は町に引っ越してきた男性である篠田吾郎と運命的な出会いをする。

 

本作は、『かもめ食堂』の小林聡美さんが主演を務め、芙美が新たに出会う男性である篠田を松重豊さん、友人達を平岩紙さんと江口のりこさんが演じる。『at Home アットホーム』の安倍照雄さんによるオリジナル脚本を基に、『愛を乞うひと』の平山秀幸監督がメガホンをとった。

 

(C)2022「」製作委員会

 

映画『ツユクサ』は、4月29日(金)より全国の劇場で公開。

ちょっとしたきっかけによって日々の見え方が変わっていく、ということを教えてくれる大人のおとぎ話。主人公の芙美さんは、車の運転中に隕石にぶつかる、という一歩間違えれば泣くなってしような出来事に遭遇するが、奇跡的にも大きな怪我もなく。そんな1億分の1の奇跡に遭遇したらちょっと人生変わるかも!?意外な出会いがあるかもしれない。芙美さんが出会っていく人達は多少なりとも他人には明かせないことを抱えている。でも、思い切って心を解きほぐせば、日々を生きていくことが楽になっていく。どこにでもたくさん生えているツユクサを本作に登場するような大人に例えながらも、それぞれが日々を大切に生きることを教えてくれる。辛い出来事はいくらでもあるけれど、ささやかな幸せは直ぐそばにあるんだよ、と教えてくれた。

 

ちなみに、個性豊かな俳優陣のキャスティングがある意味で豪華である。何気に様々な作品に出演している桃月庵白酒さんが演じるお坊さんには様々な意味で魅力的だ。個人的には、ベンガルさんが演じる工場長によるラジオ体操と太極拳の融合がツボだった。細かく観ていくと魅力的なキャラクターが満載の作品である。最後まで観終えると、なんだか清々しい気分になって劇場を出られそうだ。

 

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts