Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

関西ならではの人の温かさが詰まった作品!『焼肉ドラゴン』真木よう子さん、井上真央さん、桜庭ななみさん、鄭義信監督を迎え舞台挨拶開催!

2018年6月7日

日本の高度経済成長期を背景に、関西の地方都市で焼肉店・焼肉ドラゴンを営む家族がたくましく生きる姿を描く『焼肉ドラゴン』が6月22日(金)より公開される。本公開に先駆け、6月7日(木)に美人3姉妹を演じた真木よう子さんと井上真央さんと桜庭ななみさん、本作を手掛けた鄭義信監督を迎え、舞台挨拶付試写会が開催された。

 

映画『焼肉ドラゴン』は、劇作家・演出家の鄭義信さんが長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲「」を映画化。高度経済成長と大阪万博に沸く1970年代。関西のとある地方都市で小さな焼肉店「」を営む夫婦・龍吉と英順は、静花、梨花、美花の3姉妹と長男・時生の6人暮らし。龍吉は戦争で故郷と左腕を奪われながらも常に明るく前向きに生きており、店内は静花の幼なじみの哲男ら常連客たちでいつも賑わっていた。強い絆で結ばれた彼らだったが、やがて時代の波が押し寄せ……

 

本編上映前、真木よう子さんと井上真央さん、桜庭ななみさんと鄭義信監督が盛大な拍手の中で登場。まずは皆が関西が舞台の本作をお客様に観て頂けることに感謝をこめて挨拶していった。関西での初公開を迎え、鄭監督は「この作品は、伊丹空港の近くにある集落を舞台にした物語。大阪の人達にとっては身近なストーリー」であることをふまえ「大阪の友人達が凄く期待している」の関西からの熱さを感じている。

 

 

京都・太秦でセットが組まれ挑んだ撮影について、真木さんは「ご飯に行ったり、撮影以外の場所でもコミュニケーションをとっていたので、自然と家族のような連帯感がうまれてきた」と振り返った。井上さんも「現場でずっとホルモンが焼かれていたので、たまにはつまんでいました」と告白。そのホルモンについて、鄭監督は「京都の有名な焼肉屋さんからわざわざ取り寄せた新鮮なお肉の数々です」と紹介。これを聞き、井上さんは「本当に美味しそうで、食べようかなと思っていたら、違う方が食べて物凄く怒られていたので、食べないようにしました」と打ち明けた。関西での撮影について、鄭監督は「やはり伊丹空港がバックグラウンド。この集落には必ず飛行機の音が聞こえる。舞台公演では空港の傍だと見せられなかったが、今回は映像で関西の空気感や人の温かさが雰囲気を醸し出せた」と満足している。

 

 

本作では関西弁が多用されているが、メインキャストらは関西出身ではないため一苦労した。桜庭さんは「一番と言ってもいいぐらい大変でした。関西の方は関西弁を大切にされているので、ちょっとでも間違えたら、私達もやだなという気持ちもあったので、方言指導の先生に教えてもらいました」と振り返る。真木さんの場合は「東京に兵庫県出身の友達が沢山いるので、出来るだろうと思っていた。微妙なイントネーションの違いがあり、関西弁指導の先生とバチバチやっていました」と熱心に取り組んだ。井上さんは大泉洋さんとの関西弁によるバトルがあり「感情をむき出しにする役だったので、関西弁に助けられた。怒りをぶつける時も、”どうしてなの!?”より”なんでなん!?”と言ったほうが感情を出しやすい」とコントロールしていった。なお、桜庭さんは関西弁だけでなく韓国語も話す役だったが「私の役は韓国語が話せて、歌と踊りが大好き」と気に入っている。

 

大泉洋さんについて、共演した真木さんは「『水曜どうでしょう』での感じのまんまでした。ムードメーカー的な存在で、現場の空気を良くして下さった」と明かす。韓国俳優との共演について、井上さんは「2人は人柄も素晴らしく、一緒にお芝居をしていても、学ぶところが沢山あった。なりより撮影時も私達のお父さんとお母さんで居てくれた。本当の家族のようになれたのは、2人のおかげ」と感謝している。末っ子役の桜庭さんは「撮影中は真木さんと井上さんに頼っていました。なんでも受け止めてくれるお姉さん。撮影の反省点があったら、井上さんに話したり、真木さんが応えてくださったり」と本当のお姉さんのように接した。

 

最後に、真木さんから「『焼肉ドラゴン』というタイトルからは想像もつかないぐらい、皆様に衝撃と感動が待ち構えている」と紹介した上で「”なに!?この作品、むっちゃおもろいやん!”と思ったら、ぜひ関西から口コミでお願いします。今日は来てくれてほんまにおおきに!また来てや!」と関西弁を交えて、舞台挨拶を締め括った。

 

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)よりTOHOシネマズ梅田他にて全国公開。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts