Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

津軽塗職人を目指す娘と寡黙な父が漆や家族と真摯に向き合う姿が描かれる『バカ塗りの娘』予告編・ポスタービジュアル公開!

2023年5月10日

©2023「」製作委員会

 

青森の伝統工芸である津軽塗、通称“バカ塗り”をテーマにした物語『バカ塗りの娘』が9月1日(金)より全国の劇場で公開、8月25日(金)より青森県の劇場で先行公開される。今回、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 

映画『バカ塗りの娘』は、青森の伝統工芸・津軽塗を題材に、不器用な女性が津軽塗職人の父との暮らしの中で自身の進む道を見いだしていく姿を描いた人間ドラマ。青森県弘前市。青木美也子は高校卒業後もやりたいことが見つからず、家計を助けるためスーパーで働いている。何をやってもうまくいかず自分に自信を持てない彼女だったが、津軽塗職人である父の手伝いだけは夢中になれた。しかし父は業界の斜陽とともに気力を失い、いつしか家族もバラバラになっていた。貧しい暮らしと父の身勝手さに愛想を尽かして出ていった母と、家を継がず美容師になった兄。そんな家族の中で、津軽塗の道に進みたいと言い出せない美也子だったが…

 

本作では、堀田真由さんが主人公の美也子役を務め、小林薫さんが寡黙な父を演じる。また、坂東龍汰さんが美也子の兄である青木ユウ、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)さんが美也子が淡い思いを寄せる花屋の青年である鈴木尚人役で出演。高森美由紀さんの小説「ジャパン・ディグニティ」を原作に、『』の鶴岡慧子さんが監督を務めた。なお、タイトルの「バカ塗り」とは、「バカに塗って、バカに手間暇かけて、バカに丈夫」と言われるほど塗っては研ぐ工程を繰り返す津軽塗を指す言葉である。

 

 

映画『バカ塗りの娘』は、9月1日(金)より全国の劇場で公開。なお、8月25日(金)より青森県の劇場で先行公開される。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts