Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

祖父母殺害事件に着想を得た、母と息子のセンセーショナルな人間ドラマ『MOTHER マザー』がいよいよ劇場公開!

2020年6月29日

(C)2020「MOTHER」製作委員会

 

その場しのぎの生活を送る自堕落な母と息子の間に芽生える“ある感情“と、凄惨な事件を描く『MOTHER マザー』が、7月3日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『MOTHER マザー』は、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て描いたヒューマンドラマ。男たちと行きずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子は、息子の周平に異様に執着し、自分に忠実であることを強いてきた。そんな母からの歪んだ愛に翻弄されながらも、母以外に頼るものがない周平は、秋子の要求になんとか応えようともがく。身内からも絶縁され、社会から孤立した母子の間には絆が生まれ、その絆が、17歳に成長した周平をひとつの殺人事件へと向かわせる。

 

本作は、『』『』の大森立嗣監督が実力派キャストを迎え制作。長澤まさみさんがシングルマザーの秋子、阿部サダヲさんが内縁の夫を演じる。息子の周平役はオーディションで抜てきされた新人の奥平大兼さん。プロデューサーは『新聞記者』『』など現代社会のさまざまなテーマを問いかける作品を立て続けに送り出している河村光庸さんが担っている。

 

(C)2020「MOTHER」製作委員会

 

映画『MOTHER マザー』は、7月3日(金)より全国の劇場で公開。

親子の絆というと聞こえは良いが、裏を返せば、切りたくても切れない関係であることに気づかされる。

 

絆が無条件で発生するのが家族。友人選びは自分の意思で選択が可能だが、家族の場合は友達と同様ではない。友人関係は、様々な人間と関わりを持つことによって形成されていくものである。対象を比較し、自分の好きな人や苦手な人について認識し理解していく。しかし、家族は違う。特に、母親は子供にとって1人しかおらず、それが全てだ。本作における秋子は、周平にとって母親という概念の全て。周りから何を言われようとも「周平の母親」であり、秋子は周平にとっての帰るべきところ、つまり家だ。秋子が周平にどれだけ酷いことをしようとも、秋子を傷つける人を周平が憎むような目つきでじっと睨んでいたのが印象的である。

 

本作が難しいのは、突然、他人から「あなたの母親はおかしい人だから縁を切りなさい」と言われた時、素直に誰も縁を切らないことだ。周平だけにかかわらず、自分自身に置き換えて考えてほしい。”おかしい”という尺度は人それぞれで決まっており、母親に何を求めるかによって変わってくる。自分がこれまで育てられてきた母親を見ず知らずの人間に否定されて誰が素直に聞けるのだろうか。社会との関わりや勉強や読書すら封じられた子供達が家庭内のDVやネグレクトを間違っていると気づける世の中が来るにはどうすればいいか、深く考えさせられる。

fromねむひら

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts