Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

スキャンダラスなイタリア首相を描く『LORO 欲望のイタリア』がいよいよ劇場公開!

2019年11月14日

(C)2018 INDIGO FILM PATHE FILMS FRANCE 2 CINEMA

 

スキャンダルにまみれながらも、9年に渡りイタリアの首相を務めたシルヴィオ・ベルルスコーニをモデルにした伝記ドラマ『LORO 欲望のイタリア』が、11月15日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『LORO 欲望のイタリア』は、スキャンダル政治家として知られるイタリアの元首相シルビオ・ベルルスコーニをモデルに描いたドラマ。2006年、因縁の政敵であるロマーノ・プローディに敗北し失脚したベルルスコーニは、首相の座に返り咲くタイミングを虎視眈々と狙っていた。セクシーな美女たちを招き、贅を極めた酒池肉林のパーティで気力を高め、得意のセールストークを武器に足場を固めていく中、大スキャンダルがぼっ発。ベルルスコーニは政治家人生最大の危機に直面するが…

 

本作では、『』『グレート・ビューティー 追憶のローマ』のイタリアの名優トニ・セルビッロがベルルスコーニ役を演じる。『グレート・ビューティー 追憶のローマ』『グランドフィナーレ』等でおなじみのイタリアの名匠パオロ・ソレンティーノが監督を担う。

 

(C)2018 INDIGO FILM PATHE FILMS FRANCE 2 CINEMA

 

映画『LORO 欲望のイタリア』は、11月15日(金)より大阪・梅田のシネ・リーブル梅田、京都・烏丸の京都シネマで公開。また、11月22日(金)より神戸・三宮のシネ・リーブル神戸でも公開。

よくこんな人が大統領になれるな、と在任当時は思っていた。まさか、そんなベルルスコーニさんが早くも伝記映画になるなんて…イタリア映画界の心意気に脱帽である。果たして、日本でそんなことが出来るだろうか。ドキュメンタリーの対象になることはあっても、劇映画なんて到底できないだろう。むしろ誰が制作したい!?

 

以前は、『ローマに消えた男』でイタリア野党第一党の党首を演じたトニ・セルビッロが、今度は、イタリア大統領を演じるとは、ある意味感慨深い。監督するのは、『グレート・ビューティー 追憶のローマ』の名匠パオロ・ソレンティーノ。この2人が組んだ時、まさにアート映画として成立していながら、ベルルスコーニさんのカリスマ性が際立っている。あくまで嘗ての大統領をモデルとしておきながら、多様な視点を以て描いており、実際に鑑賞したイタリア人含め、様々な感想を聞いてみたい…

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts