Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

銀杏BOYZ×岡田惠和さん脚本による青春と恋の物語!『いちごの唄』がいよいよ劇場公開!

2019年7月1日

(C)2019『』製作委員会

 

銀杏BOYZの楽曲に着想を得て生み出されたラブストーリー『いちごの唄』が7月5日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『いちごの唄』は、「銀杏BOYZ」の楽曲からインスパイアされた人気脚本家の岡田惠和さんが、自らの脚本でつむいだオリジナルストーリーを映画化。冷凍食品の製造工場で働く笹沢コウタの大親友・伸二は、2人が「天の川の女神」と崇拝していたあーちゃんを交通事故から守り、あーちゃんの身代わりとなって死んでいった。それから10年、コウタは偶然あーちゃんと再会する。伸二の「死」を背負いながら生きていたコウタとあーちゃんは、伸二の命日に1年に一度「逢うこと」を約束。毎年逢瀬を繰り返すコウタは、次第にあーちゃんに恋心を抱くようになる…

 

本作では、岡田さん脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」などを手がけたテレビドラマ演出家の菅原伸太郎さんが長編映画初メガホンを取った。また、俳優のほか、バンド「The SALOVERS」のボーカリストとしても活動していた古舘佑太郎さんがコウタ役、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の石橋静河さんがあーちゃん役をそれぞれ演じる。

 

(C)2019『いちごの唄』製作委員会

 

映画『いちごの唄』は、7月5日(金)より、全国の劇場で公開。

中高生時代に、クラスに一目惚れした異性がいませんでしたか?女神のような魅力で、一度も話せなかったことがありませんでしたか?

 

本作は、そんな淡い青春時代を嘗て過ごした大人に送りたい一作。あの頃は全く話せなかったけど、今なら年に一度でも会えるなら少しでも話してみたい。年に一度だからこそ素敵な時間を過ごせたら…大人になっても無邪気な心は捨てられない。永遠に子供の心が消えない大人が誰かの心を動かせたら、それだけで世界は美しく見える。

 

銀杏BOYZの楽曲を厳選して起用し、峯田和伸さんと親交あるミュージシャンや俳優が総出演ということもあり、玄人な音楽好きにもたまらない本作。不器用ながらも真っ直ぐに生きてきた、嘗てのロック少年・少女全てに渾身の思いを込めて贈りたい。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts