Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

POVで描いた青春群像劇!『ミスムーンライト』大阪上映初日舞台挨拶開催!

2018年3月24日

登場人物が撮影するPOV映像で紡ぎ出す青春群像劇『ミスムーンライト』が3月24日(土)から大阪・十三のシアターセブンで1週間限定公開。公開初日には、松本卓也監督と関西出身の山崎佑奈さんを迎えて舞台挨拶が開催された。

 

映画『ミスムーンライト』は、新潟県新発田市を舞台に、地元の観光PRビデオ制作に奔走する人々の姿を、全5章からなる登場人物が撮影したPOV映像で描いた青春群像劇。女子高生のマキは映像部の仲間たちと観光PRビデオを撮影したが、平凡すぎる仕上がりに不満を抱えていた。そんな中、新たな企画を思いついた彼女は部員や顧問らを説得し、春休みの合宿で再撮影に臨むことに。アイドル活動を行なうマキの従妹ミサコや、元映像ディレクターの博和ら助っ人も加わり、撮影を開始するが……

 

シアターセブンでの上映初日、上映後 に松本卓也監督(以下、松本監督)と山崎佑奈さん(以下、山崎さん)が登壇。独自のテンションで自己紹介を行った。

 

松本監督:

1年前に新潟で先行公開して以降、東京・千葉・横浜・和歌山・名古屋とジワジワと公開し、遂に大阪に来ました。ちなみに、Kisssh-Kissssssh映画祭2017では、長編映画部門グランプリを獲得。最近では、ゆうばり叛逆映画祭でもセレクションして頂いた。今回、内容は変えずに少しだけ編集しています。

山崎さん:

今は監督の満足できる作品になったんですね。

 

☆撮影を振り返り…
山崎さん:

2年前の春に撮影合宿しましたが、新潟で桜と雪が同時に愛でられる貴重な時でした。

松本監督:

佑奈が演じた役はおもしろい。映像部は作品を重ねていくうちに特徴が出てくるが、新入部員が入り異なる意見が出てくる。これで良かったのかと考え出す。映画の中盤以降に登場する重要な役として、ズバッと言う大阪弁のキャラクターを入れたかった。結果的に正直に疑問を話せるようになった。(山崎さんを見ながら)まだ高校生は最近でしょ?

山崎さん:

もう最近じゃないです。撮影当時はツインテールでスッピンでしたもんね。

松本監督:

皆高校生なんだし、ほぼスッピンとリクエストしました。

山崎さん:

私は高校生役だけど、撮影裏では日本酒飲んでましたよ。新潟のお酒が美味しかったです。

松本監督:

お酒の美味しい酒蔵で、勝俣さんも買っていましたね。

 

☆本作のテーマについて

松本監督:

タイトルにある通り、ムーンライトなので、月の人の話にしたかった。太陽ではない。憧れの存在がいる中で自分がいかに輝くか。A級ではなくB級かもしれない。それでも太陽の光によって自分も輝けるかもしれない。それが月としての存在価値。あと一歩を進めない人達が春休みに一寸でも進めたら…というお月さま達のお話です。

山崎さん:

監督も出演していますね。

松本監督:

僕のキャラクターを知らない人はあぁいう人かと思われてしまうかもしれない。普段は怒っているキャラクターではないですよ。僕も真っ直ぐな人間ではない。自分に優しく人にも優しくしているが…太陽ではなく月、輝けないけど、輝く瞬間はあるんじゃないかと思いたい。自分が描きたいことが実現できた。

 

☆出演者皆が水着に…

松本監督:

プロデューサーからは水着は入れろと指示があった。だったら老若男女問わず水着になれば…

山崎さん:

皆が水着になっていましたね。

松本監督:

地元のお母さんやお父さんまで水着になってくれた。皆の脱ぎっぷりがよかったなぁ。でも、寒かったでしょ??

山崎さん:

大変でしたね。我慢が出来ない寒さ。基本的に寒さには我慢できるんですけど…

松本監督:

撮影前日に雪が降った。女性が多い映画だが、少なからず男性もいる。ベンチコートを持ってきている俳優は、女性に奪われ辛い思いをした。だが、女性スタッフも気を遣い、何も言えなかった。皆良く頑張ってくれました。

 

映画『ミスムーンライト』は、3月30日(金)まで大阪・十三のシアターセブンで1週間限定上映。3月30日(金)には山崎佑奈さんが舞台挨拶に登壇予定。

 

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts