Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

映画の先に希望や愛が残る…!『ニワトリ★スター』大阪上映初日舞台挨拶開催!

2018年3月24日

電子書籍の小説を原作者自ら映画化した、かなた狼監督による映画『ニワトリ★スター』が3月24日より関西の劇場で公開。公開初日には、出演の井浦新さん、成田凌さん、紗羅マリーさん、ペロンヤスさん、シャックさん、マグナム弾吉さん、そして、かなた狼監督を迎えて舞台挨拶が行われた。

 

映画『ニワトリ★スター』は、奇妙なアパートで自堕落な共同生活を送る2人の男と彼らを取り巻く人びとを描いたバイオレンスファンタジー。東京の片隅にあるギザギザアパートで場末の生活を送る草太と同居人の楽人は、深夜のバーでアルバイトをしているが、秘密裏に大麻の密売も行い、生活していた。そんな2人の周囲を、街の不良たちを陰で操るヤクザ、DVの恐怖にさらされながらも愛だけを支えに生きる未婚の母と子など、個性的な人びとが取り巻き、目標もなく中途半端な人生を送ってきた2人は、まったく予測ができない不測の事態へと巻き込まれていく…

 

大阪での公開を迎え、出演の井浦新さん、成田凌さん、紗羅マリーさん、ペロンヤスさん、シャックさん、マグナム弾吉さん、そして、かなた狼監督が登壇。皆それぞれの想いや感謝と共に挨拶を行った。

 

本作の撮影にあたり、撮影10日前から井浦さんと成田さんが同棲生活を営んだ。二人は「ラブラブ生活をしていました」と意味深に振り返る。かなた監督としては「プロとして役作りのため」に指示。お互いに役名で呼び合い、敬語を使わず全て関西弁を用いて過ごした。東京出身の井浦さんは、関西弁について「難しいけど、勢いですね。監督から、大阪に入った時から標準語は禁止と言われていた」が、現在、急に関西弁を求めれると「全く出てこなかった…」と苦笑い。成田さんは最近もドラマで関西弁を使っており「もちろんや!」と流暢に話した。

 

共同生活の際には、シネ・リーブル梅田にも来館しており、井浦さんは「役のように2人でダラダラ。特別なことはせず、タクシーを使わずに歩いたり電車乗ったりしながら、シネ・リーブル梅田に映画を観に来ていた」と懐かしむ。他にも、成田さんがトイレを詰まらせてしまい「この方には生きる術を教わりました」と修理した井浦さんを尊敬する。そんな2人を見ていたかなた監督は「完全にダメ人間になっていた。フラフラとしながらも2人の背中には役が染み込んでいた」と安心。

 

共演の沙羅さんは、映画初出演だったが「当時をあまり覚えていない。本能のままに寝て起きて、撮影日以外はフラフラと1人で散歩していた」と思い返す。

 

成田さんは、撮影期間中、近所の串カツ屋に沙羅さんを呼び「芝居というものは…!」先輩面で語っていたことを告白。翌日には「ごめんっ!」と謝ったが、沙羅さんは「演技に対して説教されたんですよ」と覚えている。成田さんは「初めての芝居が不安かなぁと思って…」と照れ笑い。かなた監督は「凌は役のために減量していた。その前でバクバク食べてたやろ」とツッコミ。成田さんは181cmの長身だが役作りのために体重を49Kgまで減量していた。2週間食わず3日も水を飲んでいないなかで沙羅さんに「喫茶店行こう」と誘われ「目の前で『ナポリタンとクリームソーダ』と頼まれ、美味しそうに食べているところを見せられて…」とげんなり。「説教されたから、やり返した」と沙羅さんは返しながらも、出演者の雰囲気は和気藹々とした空気が流れていた。

 

さらに、スペシャルゲストとしてモアリズムのナカムラさんが登場。本作の主題歌「碧の空」をギターと共に生歌で披露。

 

最後に、成田さんから「多くの方が様々なかたちで関わり、この日を迎えられて幸せに思っています。ここにいる皆様もその1人。僕らは出演者だけど、同じ人間、一生懸命頑張ってつくった作品に足を運んで観に来てくれて嬉しいです」と感謝を伝えると共に「過激なシーンもありますが、目を背けず映画全てを肯定してほしい。観終わったら考えることが沢山あると思いますが、考えた末に自分を肯定し、大切な人を大事にしてほしいと思う映画になっています。力強い作品によって、今日を良い思い出にして帰って下さい」と想いを込める。井浦さんは「監督と出会った10年前、『俺はいつか映画撮るから、その時は頼む』と言ってくれた。10年を経て、映画を2016年に撮り、今皆さんに観て頂けるスタートラインに立ちました」と感慨深い。本作に対し「作っただけでは意味がない。僕達にどれほどの思いがあろうが、皆さんに観て頂かなければ作品としては伝わらない。心を抉ってくるような過激なシーンも押し寄せてきますが、目を背けずしっかり見届けてください。その先には必ず希望がある。皆さんの中にも、希望や愛や小さな光が必ず残るんだ、と僕は信じています。皆さんの人生の中でこの作品が記憶に残る2時間15分になったら幸いです。最後の最後まで楽しんでいってください」と想いを込めた。かなた監督より「役者も製作陣もベストを尽くし、これが僕らの全てです。公開して僕らがいくら頑張っても、観客の皆さんがいないとダメなんです。こうやって喋った以上はプチ友達です。どんどん広めてください。また新しい映画がどんどん生まれていきます。ぜひ楽しんでいってください」と舞台挨拶を締め括った。

 

映画『ニワトリ★スター』は、3月24日(土)から、大阪・梅田のシネ・リーブル梅田、心斎橋のシネマート心斎橋で公開中。4月5日(木)には、シネマート心斎橋で、かなた狼監督、佐藤太一郎さん、シャックさん、マグナム弾吉さんを迎えて舞台挨拶イベントを開催。なお、神戸・元町の元町映画館でも5月5日(土)、京都・出町柳の出町座順次公開予定。

 

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts