Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

映画にはストーカーは出てきません!思いを寄せる女性のために10年間を生きた3人の男を描く『君が君で君だ』いよいよ公開!松居大悟監督に聞く!

2018年7月6日

(C)2018「」製作委員会

 

10年間にも渡って、最愛の女性にとっての“大好きな人“になりきった3人の男の奇妙な愛の行く末を描き出す恋愛映画『君が君で君だ』がいよいよ7月7日(土)七夕より全国ロードショーされる。今回、長年温めてきたオリジナルストーリーの映画化を実現した松居大悟監督にインタビューを行った。

 

映画『君が君で君だ』は、松居大悟監督が、池松壮亮さん主演で描く異色の恋愛ドラマ。愛する女性が憧れる人になりきり、自分の名前すら捨て去って10年間にわたり彼女を見守り続けた3人の男たちの愛の行方を、疾走感あふれる映像で描き出す…尾崎豊になりきる男を池松さん、ブラッド・ピットになりきる男を満島真之介さん、坂本龍馬になりきる男を大倉孝二さんがそれぞれ演じ、『息もできない』の韓国人女優キム・コッピさんがヒロイン役を務める。共演にもYOUさん、向井理さん、高杉真宙さんら豪華キャストが集結。

 

本作は、松居監督が主宰する劇団ゴジゲンによる2011年の舞台作品。当時について「誰も何も信じられなくなった。そんななかで、自分を突き詰めていたときに着想しました」と振り返る。今回、本作の阿部プロデューサーから「あの作品を映画にしよう」と声を掛けてもらい、やってみよう、と一念発起した。

 

作中では、九州の方言が多用されている。松居監督により、実は福岡だという裏設定を施した。監督の地元であり「福岡の景色を一番よく知っていたので、西日本出身の人たちが方言を話すような構造にしています」と明かす。なお、本作には、数々の変態的なシーンがあるが「全部好きですね。映画にはストーカーは出てきません」と断言する。

 

既に各地で完成披露試写会が行われてきた。お客さんの反応について「高校での上映会を多くやっていたが、若い人たちが興奮しているのが印象的」だと受け止め「様々な常識などない状態で観てほしい」と訴える。映画監督であると共に劇団ゴジゲンを主宰する松居さんは、今後、10月と来年2月に舞台公演の予定があり、多忙を極めるが「映画化したい作品は…うーん、たくさんあります」と意気込む。

 

映画『君が君で君だ』は、7月7日(土)七夕より大阪・梅田の梅田ブルク7はじめ全国ロードショー。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts