Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

震災後の東北で生きる人々の暮らし追う『一陽来復 Life Goes On』いよいよ関西の劇場で公開!

2018年3月23日

© Kokoro Film Partners

 

東日本大震災から6年目を迎えた被災地に暮らす人々にカメラを向けるドキュメンタリー『一陽来復 Life Goes On』3月24日(土)より関西の劇場で公開。上映初日・2日目には各映画館で舞台挨拶も開催される。

 

映画『一陽来復 Life Goes On』は、東日本大震災から6年目の岩手・宮城・福島で、前を向いて生きる人々の姿を追ったドキュメンタリー。女川町の復興を記録した「サンマとカタール 女川つながる人々」で制作プロデューサーを担当した尹美亜が初監督を務め、2016年夏から2017年春にかけて撮影を敢行。子どもを亡くした夫婦、そろばん好きな少女、震災を風化させないため活動を続ける語り部、原発30キロ圏内で伝統を守り続ける農家、被爆した牛の世話を続ける牛飼い、新しい漁業に挑む漁師など、困難の中で一歩ずつ前に進もうとする人々の姿をとらえ、復興6年目の小さな幸せや希望を浮かび上がらせていく…女優・藤原紀香と声優・山寺宏一がナレーションを担当。

 

映画『一陽来復 Life Goes On』は、3月24日(土)から、大阪・梅田のシネ・リーブル梅田、京都・出町柳の出町座、神戸・三宮のシネ・リーブル神戸で公開。上映初日には、シネ・リーブル梅田に岩本泰典さん(コドモエナジー社長)、西尾孔志さん(構成)、益田祐美子さん(プロデューサー)が、上映2日目には、シネ・リーブル梅田と出町座に小林芙蓉さん(書画家・題字)、ユンミア監督、シネ・リーブル神戸に高橋剛志さん(すみれ建築工房代表)、益田祐美子プロデューサーが登壇予定。

「一陽来復」は、悪いことが続いた後に漸く物事が良い方に向かうといった意味を持つ言葉である。東日本大震災から7年を経過しても完全なる復興まではまだまだ大変だ。それでも、人々の暮らしには希望があり、前を向いて生きている。綺麗事だけを納めずに市井の人々を正面から捉えた内容に好感を抱いた。
本作では、岩手・宮城・福島の各地を包括的に捉えている。『被ばく牛と生きる』にも出演している吉沢正巳さんが今作にも登場しており、絶えず活動していることを応援したい。個人的には、宮城県石巻市の幼稚園と小中学校の生徒たちに英語を教えていたテイラー・アンダーソンさんに関するストーリーにグッときた。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts