Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

大阪・桃谷のnyi-maで映画『三度目の殺人』を語る会〜シネマ語りvol.2〜開催!

2017年9月18日

大阪・桃谷にあるバー・イベントスペース空間「」で10月4日(水)に「映画『三度目の殺人』を語る会〜シネマ語りvol.2〜」が開催される。

 

nyi-ma」は、2016年11月にオープンしたJR大阪環状線桃谷駅から南口から徒歩10分のところにあるバー・イベントスペース空間。「nyi ma」とは、チベット語で太陽を意味する。空き店舗をリノベーションし、1階はカフェのようなバーのような空間、2階は漫画喫茶のようなイベントスペースのような空間がつくられている。「変化し続ける」「好奇心のかたまりのような」場を目指して、日々多様なイベントが各種繰り広げられている。

 

今回、6月14日(水)開催の第1回目以来、劇場で公開されている映画について語るイベントを開催する。第2回目の課題作品は、是枝裕和監督『三度目の殺人』。

是枝裕和監督と福山雅治が再びタッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく…

イベント主催者からは「参加資格は『』を観て来てもらうこと、のみ。普段から映画をたくさん観ているとか、映画に関する知識が深い人である必要はありません。みんなの話の聞き役に回ってもらっても構いません。各自にプレゼンを課したりしませんので、”語る”のはちょっと…という方もぜひ、ご参加ください。」とコメントを頂いている。なお、当日は、深く話をするため、各自の鑑賞は前提とし、ネタバレを気にせずに話せる予定(未見の参加は禁じてはいない)。

 

映画『三度目の殺人』を語る会〜シネマ語りvol.2〜」は、大阪・桃谷のnyi-maで10月4日(水)20時から開催(自由解散で遅れての参加も可)。事前申込は不要、1000円の参加費で1drink付きとなっている。なお、nyi-maはJR大阪環状線桃谷駅から南口から徒歩10分(桃谷駅前商店街を直進し、ファミリーマート桃谷商店街東店の手前を左折、その後直進し徒歩約3分)のところにある。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆