Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

鏡の中にある不思議な城で、似た境遇の中学生たち7人がなんでも願いが叶うという秘密の“鍵”を探す『かがみの孤城』がいよいよ劇場公開!

2022年12月19日

(C)2022「」製作委員会

 

部屋に閉じこもっていた中学生のこころが部屋の鏡に吸い込まれ、おとぎ話のような世界へ向かう『かがみの孤城』が12月23日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『かがみの孤城』…

中学生のこころは学校に居場所をなくし、部屋に閉じこもる日々を送っていた。そんなある日、部屋の鏡が突如として光を放ち始める。鏡の中に吸い込まれるように入っていくと、そこにはおとぎ話に出てくる城のような建物と、6人の見知らぬ中学生がいた。そこへ狼のお面をかぶった少女「オオカミさま」が姿を現し、ここにいる7人は選ばれた存在であること、そして城のどこかに秘密の鍵が1つだけ隠されており、見つけた者はどんな願いでもかなえてもらえると話す。

 

本作は、直木賞作家である辻村深月さんのベストセラー小説を、『河童のクゥと夏休み』『カラフル』の原恵一さんが監督を務めて劇場アニメ化。若手女優の登竜門として知られる「カルピスウォーター」のCMキャラクターに起用されるなど注目を集める當真あみさんが、オーディションで1000人以上の中から主人公こころの声優に選ばれた。『百日紅 Miss 』などでも原監督と組んだ丸尾みほさんが脚本、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のA-1 Picturesがアニメーション制作を担当している。

 

(C)2022「」製作委員会

 

映画『かがみの孤城』は、12月23日(金)より全国の劇場で公開。関西では、大阪・梅田の大阪ステーションシティシネマ梅田ブルク7、心斎橋のイオンシネマシアタス心斎橋、難波のなんばパークスシネマ、京都・二条のTOHOシネマズ二条や三条のMOVIX京都や七条のT・ジョイ京都、兵庫・西宮のTOHOシネマズ西宮OSや神戸・三宮のkino cinema 神戸国際等で公開。

学校に居場所をなくし、部屋に閉じこもる日々を送っていた中学生らが、突如として部屋にあった鏡を通して孤城の世界に飛び込んでしまう…よくある作品なら、元の世界に戻るために皆が結束していくジュブナイルになっていくことが多い。だが、本作は、定刻までに部屋に戻ればよく、鏡が輝いている間なら自由に行き来が出来る。まさに意外な設定だ。孤城での目的は、城のどこかに隠されている鍵を見つけて、自分の願いを叶えてもらうこと。心がまだ穏やか定まっていない中学生にとっては、自分の願いを明確にする必要がある。自我にも目覚めていくことにも繋がっていく。中学生の時分で自身の内面と向き合うことは、さぞ大変なことだろう。だが、向き合った先にあるものに気づけた時、大人への階段を少しずつ登っていく。いわば少年少女のモラトリアムを丁寧に描いた一作である。とはいえ、現実側の世界においても、カウンセラーの先生をはじめ様々な経験があった後に頑張っている人物もおり、子供向けだけの作品にもなっていない。ミステリアスな要素も存分に入っており、本作を観終えた時に意義深さを感じられる物語を堪能できたと思えたら、あなたの中にある鏡のようなものもなくなっているのではないだろうか。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts