Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

木村拓哉さんと長澤まさみさんが再びバディに!未解決殺人事件の犯人を探すため再び潜入捜査…!『マスカレード・ナイト』がいよいよ劇場公開!

2021年9月13日

(C)2021東野圭吾/集英社・映画「」製作委員会

 

大晦日に開催される大規模なカウントダウンパーティーを舞台に、新田&山岸の最強バディが未解決殺人事件の犯人を逮捕しようと奮闘する様を描く『マスカレード・ナイト』が9月17日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『マスカレード・ナイト』は、ホテル・コルテシア東京に再び潜入した刑事の新田浩介と優秀なホテルウーマンの山岸尚美が難事件に挑む姿を描く。警察に届いた1通の匿名ファックス。その内容は、都内マンションで起きた殺人事件の犯人が、大みそかにホテル・コルテシア東京で開催されるカウントダウンパーティ「」に現れるというものだった。パーティ当日、捜査のため再びフロントクラークとしてホテルに潜入した警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は、コンシェルジュに昇進した山岸尚美の協力を得て捜査を進めていくが、500人の参加者は全員が仮装して顔を隠していた。限られた時間の中、素顔のわからない殺人犯を捕まえるべく奔走する彼らだったが…

 

本作は、東野圭吾さんのベストセラー小説を木村拓哉さんと長澤まさみさんの共演で映画化した『マスカレード・ホテル』のシリーズ第2弾。原作小説のシリーズ第3作をもとに、前作に続き『HERO』の鈴木雅之監督がメガホンをとった。

 

(C)2021東野圭吾/集英社・映画「」製作委員会

 

映画『マスカレード・ナイト』は、9月17日(金)より全国の劇場で公開。

今作では、前作の良かった点を維持しつつ、ミステリー要素を増やすことで、推理をする楽しさが増していた。客を絶対に”疑う”新田と、客を絶対に”信じる”山岸、相容れない2人によるホテルでの愉快な日常パートは、前作に引き続き本作でも健在である。殺人事件が物語の本筋であったとしても、新田と山岸の2人が生む会話劇による愉快さのおかげで、作中の雰囲気が重くなりすぎないのも良い。前作に引き続き主要キャストは続投しており、さらに豪華な俳優陣が追加され、ホテル・コルテシア東京の大晦日を豪華絢爛に彩る。

 

そして、本作は映像の撮り方に特徴があった。ホテルのロビーであるスタジオセットでの撮影部分と、外撮りした映像の境目を、違和感なく繋ぎ合わせるシーンが気持ち良いほど何度も出てくる。また、会話シーンでは、カット割を増やすことで擬似的にテンポを良くしたり、特徴的なパン撮影でホテルの広さを感じさせたりしながら、他の日本映画ではあまり観る機会のない撮影部分の拘りが随所から感じられた。主演の長澤まさみさん繋がりでは、『コンフィデンスマンJP 英雄編』が先日発表されたばかりだが、彼女の新たな定番人気シリーズとして「マスカレード」シリーズの更なる展開に期待したい。

fromねむひら

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts