Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

TVやスマホでは絶対に味わえない映画館の大音響で楽しい躍動感を伝える…!『すくってごらん』真壁幸紀監督に聞く!

2021年3月4日

東京本社から左遷された元エリート銀行員が“金魚すくい”を通じて成長していく様を描く『すくってごらん』が3月12日(金)より全国の劇場で公開される。今回、真壁幸紀監督にインタビューを行った。

 

映画『すくってごらん』は、エリート銀行マンが左遷先で出会った金魚すくいを通じて成長していく姿を描いた、大谷紀子さんの人気コミックを実写映画化。今作が映画初主演となる歌舞伎俳優の尾上松也さんと「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが共演する。些細なことにより左遷され、東京本社から片田舎の町へやってきた大手メガバンクのエリート銀行マンである香芝誠。荒んだ気持ちを抱えていた香芝は、左遷初日に金魚すくいの店を営む美女・吉乃と運命的な出会いを果たし、彼女に一目ぼれをする。生来のネガティブな性格と左遷のショックから心を閉ざし、仕事だけを生きがいに生きていくことを心に決めていた香芝だったが、吉乃のことがなかなか頭から離れず、なんとか彼女と仲良くなろうとするが……。監督は『ボクは坊さん。』『ラスト・ホールド!』の真壁幸紀さん。ヒロインの吉乃を演じる百田さんが、役名の生駒吉乃として主題歌を歌っている。

 

「この原作漫画を実写化しないか?」と依頼を受け、真壁監督はコミックを読み、大谷先生が描いた画の躍動感がとても印象に残った。そこで「この楽しい印象を強く伝える為に、音楽をふんだんに使った映画にしよう」と本作のテイストを決定する。一方で、昨今の配信ドラマ・映画の普及を鑑み「映画館で観る価値のある映画とは?」と深く考え「音にこだわった映画を作りたい」と検討していく。「TVやスマホでは絶対味わえない、映画館の大音響をふんだんに駆使した映画。そして、原作から感じた、楽しい躍動感」を伝えるべく、今まで観たことがないミュージカル要素をたっぷりと詰め込んだ映画にしていった。

(C)2020映画「」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

 

ミュージカル・音楽映画の印象として「”突然歌う”というイメージを持つ方は多い」と認識しているが、ミュージカル映画をよく観てみると「気持ちが抑えられらなくなったら、歌う」という流れがあり、この流れを特に意識して制作している。楽曲は「day after tomorrow」のキーボーディストである鈴木大輔さんに依頼し、まずは「いわゆる台詞が歌になるような、みなさんが思い浮かべるミュージカル楽曲はやめましょう」と決めて、作り始めてもらった。あくまで本作は”ミュージカル”と謳っていない。「個々の曲が独立して聞いても、ちゃんと曲として成立していること」を大切にしており、鈴木さんが沢山のアーティストの方に提供されている楽曲と同じように全ての楽曲に対して「耳に残るキャッチーで良い曲を」を大事にして出来上がっている。主要キャストとして、尾上松也さん、百田夏菜子さん、柿沢勇人さん、石田ニコルさんが連なっているが、キャスティングについては「歌がきちんと歌える」ということを大前提にした。「ちゃんと”歌”という武器で、お客様からお金を頂いて、パフォーマンスしてきた経験のある皆さん」として信頼しており「バックボーンや個性をふんだんに活かしたキャスティングになっている」と自信がある。

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

 

撮影にあたり、金魚との接し方は特に重要であり、金魚担当の助監督を配し徹底的に管理していった。「画の良い位置に金魚が来てくれない」といった苦労はあったが「生き物を扱った映画の宿命」だと認識し、辛抱強く撮影している。また、尾上松也さん演じる香芝のラストカットを撮った時には大いなる達成感を感じており「香芝の感情というのは観る人の軸になります。松也さんと一緒に、その都度、丁寧に確認しながら撮影していきました」と振り返り「その香芝の感情を全て、納得して撮り終わった時に、作品に一本筋が通った」と実感できた。これまでのフィルモグラフィでは、特徴的な職業やスポーツを扱った作品が多くあるが、現在は海外での撮影に興味があり「インドやベトナム、台湾など、その土地の文化を取り上げつつ、エンターティメントに落とし込めるような作品が出来ないか」と未来を見据えている。

 

映画『すくってごらん』は、3月12日(金)より、大阪・梅田のTOHOシネマズ梅田、難波のTOHOシネマズなんば、京都・二条のTOHOシネマズ二条、兵庫・西宮のTOHOシネマズ西宮OSをはじめ全国の劇場で公開。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts