Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

どん底の生活を送っていた青年がハロー!プロジェクト所属のアイドルにのめり込んでいくさまを描く『あの頃。』がいよいよ劇場公開!

2021年2月15日

(C)2020『』製作委員会

 

受験に失敗し極貧生活を送る青年が“ハロー!プロジェクト“のアイドルにのめり込み、同じ趣味を持つ仲間と青春を謳歌する様を描く『あの頃。』が2月19日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『あの頃。』は、アイドルの世界に魅せられた若者達を描いた青春ドラマ。大学院受験に失敗し、彼女もお金もなくどん底の生活を送る青年の劔。松浦亜弥のミュージックビデオを見て「ハロー!プロジェクト」のアイドルに夢中になった彼は、イベントで知り合ったコズミンら個性的な仲間たちとともに、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ、仲間たちはアイドルよりも大切なものを見つけて離れ離れになっていく。そんなある日、コズミンがガンに冒されていることを知った劔は、かつての仲間たちと再会を果たすが…

 

本作は、マネージャーやプロデューサー、ベーシストとして「神聖かまってちゃん」などのバンドや音楽ユニットに関わってきた劔樹人さんの自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を、松坂桃李さん主演で実写映画化。『愛がなんだ』の今泉力哉監督がメガホンをとり、『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬さんが脚本を手がけた。藤本美貴さんの魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミンを仲野太賀さん、石川梨華さん推しでリーダー格のロビを山中崇さん、痛車やオタグッズを自ら制作する西野を若葉竜也さん、劒さんがオタク仲間と出会うきっかけを作るCDショップ店員のナカウチを芹澤興人さん、ハロプロ全般を推すイトウをお笑いコンビのロッチよりコカドケンタロウさんが演じた。そして、劔さんがアイドルにハマるきっかけとなる松浦亜弥役さんを、「ハロー!プロジェクト」のアイドルグループ「BEYOOOOONDS」の山崎夢羽さんが演じる。

 

(C)2020『あの頃。』製作委員会

 

映画『あの頃。』は、2月19日(金)より全国の劇場で公開。

バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のステージで観ていた劔樹人さん。彼がまさにスクリーンに映っていた、松坂桃李さんという体をを借りて…と言いたくなるぐらいのなりきりっぷりには驚かされた。感情を表に出して大胆に演じることはなくとも、心の底から湧き上がってくる熱い思いがあることが伝わってくる。単純にモノローグだけで表現せず、表情の機微な変化で体現する演技力に感服せざるを得ない。松坂さん自身が『遊☆戯☆王』好きでオフィシャルカードゲームやアプリにも惚れ込んでいることはファンには知られており、ファンになる対象は違えど愛情を注ぐ行為には共感できるのかな、と感じてしまう。

 

本作は、「ハロー!プロジェクト」のアイドルの世界に魅せられた若者達を描く。観る者によっては嫌悪感を抱くかもしれないが、誰しもが何かにハマった経験があるだろう。寝食の時間を惜しむ程のめり込んでいても、周囲に共感してもらえる人を見つけることは容易くない。でも、もし仲間を見つけられたら、どれだけ嬉しいことだろう。殻に閉じこもっていた自分の中だけにある世界の扉が開いたようにも思える。それはもう年齢は関係ない。何かに夢中になれる人生はいつだって最高で最強な気分になれるのだ。輝かしき人生の季節を、時に楽しく時に切なく彩り豊かに描いた本作、彼等に愛おしさを感じたら本作は大成功だ!

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts