Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

家族のつながりを演じられた!齊藤工監督デビュー作『blank13』高橋一生さんを迎え先行上映会開催!

2018年2月17日

俳優の斎藤工さんが「」名義でメガホンを取った長編監督デビュー作『blank13』が2月24日(土)から公開される。本公開に先駆け、2月17日(土)に大阪ステーションシティシネマで、主演の高橋一生さんを迎え、舞台挨拶付き先行上映会が開催された。

 

映画『blank13』は、放送作家はしもとこうじさんの実話を基にした家族の物語が描かれる。13年前に突然失踪した父親の消息が判明した。しかし、がんを患った父の余命はわずか3カ月。父と家族たちの溝は埋まることなく、3カ月後にこの世を去ってしまう。葬儀に参列した人びとが語る家族の知らなかった父親のエピソードの数々によって、父と家族の13年間の空白が埋まっていく…

 

上映後、高橋一生さんが登壇。挨拶と共に「本日は6000人が応募し、その中の453人の方達が来て下さって、本当に嬉しい限りです」と、お客さんから作品への賞賛の拍手を受けながら、喜びを表す。

 

いよいよ2月24日(土)から本公開される今作について、高橋さんは「これだけの皆さんが映画を観て拍手で迎えて下さり、舞台挨拶等の場が設けられるのはとても嬉しい限り」と感慨深い。齊藤工監督について「僕の兄役で出演しているため、助監督さんが『よーい、スタート!』を言いますが、『カット!』は兄の衣装のままで大人しく言う。不思議な感じでしたね」と振り返った。監督の手法として「お芝居をしながら、お芝居を観て頂いた。同時に、演出を付けながら撮っていく。役柄へのアプローチはせず、お芝居をお見せし、その後に技術部らがどのように動くか指揮していた」と説明。台本に関しては「最初のページにまず”丸暗記は不要”と書かれていました。役柄の設定も書かれておらず、変わっているなと思いながらも、しっかり覚える必要性はない、と趣旨が書かれていました」と述べた。

 

作品後半の葬儀シーンはアドリブが多く含まれている。高橋さんは喪主側であることから「皆さんがやって下さることに対してアドリブを入れる必要はなく、笑いを堪えなくてはいけないシーンもあった。面白いというより、怖いと思ってしまう」と大変だった。演じながら「 最初は、どういう人達なんだろと思いながら、得体の知れない人が沢山来たと感じた。野生爆弾のくっきーさんがダントツで面白い。本番できっと違うことをやってくるだろうから、恐怖でしたね」と漏らす。撮影中は「彼らが何をしてくるか分からない。映っていないですが、兄役の工さんの方を見ていますからね。次に何かあったら動きましょう」と黙ったまま、意思疎通をしていた。撮影で特に印象に残っているシーンとして、家族のシーンを挙げ「何気ない家族のシーンがお芝居を助けている。家族の設定に関するシーンで、家族のつながりや空気感、兄や母との距離が測れた」と演じた役の立ち位置を実感する。

 

高橋さんが演じたコージは幼い頃は甲子園を目指した役。高橋さんは少年時代の夢について「少年の頃の夢は考古学者になりたかった」と明かす。ピラミッドについて興味があり「内部は観光地で通り道がある。中にはゴミ箱があり、観光客の方が食べたバナナの皮が腐らない。密度や湿度等の環境が影響し、異様に腐らない」と解説。子どもの頃にこの謎を知り「凄く気になり、ピラミッドの考古学に興味を持ちました。僕の中で吉村作治さんは謎を解き明かすヒーローです」と熱く語る。なお、現在、高橋さんが共演したい人として、お笑い芸人のFUJIWARA原西さんを挙げ「大好きなんですよ。劇場で1日ずっと原西さんを見ていたい。齊藤監督がキャスティングするなら、ぜひ」と共演する機会を楽しむにしていた。

 

現在、関西でドラマの撮影をしている高橋さんは「週の半分ぐらいは大阪にいます。アメリカ村周辺に友達の店があり、結構行ってました。アメ村でギターを買いました」と明かす。食べ物については「お肉が美味しいですね。鶴橋はもちろん行きました」と大満足。鶴橋のお店に伺った際に「共演者の方と食べていたら、何処かで会ったような方々がテーブルの周りを囲み出した。『すいません!』と突然言われ、『ファンです!』と言われながら食べていた。外に出たら『一生さん!』と言われ、『どうも~』と返したら、グイっと引っ張られて握手を求められたことがありました」と驚きながらも「人が温かい。声をかけて頂けるのはありがたい」と、大阪への愛情が滲み出ていた。

 

舞台挨拶も終わりが近づき、お客さんからは「え~!」と惜しむ声が。高橋さんは「凄い!初めて聞いた『えーっ!』って。僕もそっちに行って言いたい!」と、最前列へ座り「えーっ!」と叫んで舞台に戻るアドリブを繰り出す。大興奮のお客さんを前にして、最後に「今日は、映画館に来て下さって本作を観終わった皆さんと時間を共有できたことが本当に嬉しいです。この映画を皆さんに観てほしいと思って作ってきたスタッフがいます。映画には、お客さんと作っている人間達がこの空間でしか繋がれないものがあります。この暗い空間で集中する時間を頂き、お互いに秘密の約束をするような映画的な世界を皆さんで共有していきます。まさに『blank 13』はそういう世界をみなさんと共有できる」と作品の世界観を伝える。さらに「皆さんそれぞれの中に答えを考えるきっかけや家族との関係性があります。そういったものがどこかに引っかかり持って帰ってもらったら、僕はお芝居をしていて本当に良かったなと思えます。それを皆さんが今日迎えて下さった拍手から感じているので、また観たくなったら来てください。僕はいい映画だと思っています。素敵な映画で皆さんの想像力を刺激できるような作品になっているかな」と期待を募らす。今後について「想像力を刺激できる作品に出演していきたい。その時には、またこういった形で皆さんとお会い出来たら嬉しいと思っています」と述べ、感謝の気持ちを伝えながら舞台挨拶は締め括られた。

 

映画『blank13』は、2月24日(土)より大阪ステーションシティシネマほかにて全国順次公開。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts