Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

山崎賢人さんが時を超える科学者に…ロバート・A・ハインラインによるSF小説を映画化!『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』がいよいよ劇場公開!

2021年6月21日

(C)2021 「夏への扉」製作委員会

 

ロバート・A・ハインラインの小説『夏への扉』を映画化し、罠にはめられた科学者が未来を変えようとする姿を描く『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』が6月25日(金)より全国ので公開される。

 

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は、ロバート・A・ハインラインの名作SF小説「夏への扉」について舞台を日本に移して再構築し、人生のすべてを奪われた科学者が時を超えて未来を取り戻す姿を描く。1995年、東京。ロボット開発に従事する科学者の高倉宗一郎は、亡き父の親友だった偉大な科学者である松下の遺志を継ぐプラズマ蓄電池の完成を目前にしていた。愛猫ピートと松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する宗一郎だったが、信頼していた共同経営者と婚約者に裏切られ、自身の会社も開発中のロボットや蓄電池もすべて奪われてしまう。さらに宗一郎は人体を冷凍保存する装置・コールドスリープに入れられ、2025年の東京で目を覚ます。

 

本作では、『キングダム』の山崎賢人さんが主演、監督は『坂のアポロン』『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩さん。主題歌は、人気アニメ『鬼滅の刃』『ソードアート・オンライン』等で知られるLiSAが担った。

 

(C)2021 「夏への扉」製作委員会

 

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』は、6月25日(金)より全国の劇場で公開。

ロバート・A・ハインラインによる名作SF小説の古典と云われる「夏への扉」。物語の舞台を日本に設定し、最先端の科学技術が進歩していった時代に合わせ、原作のストーリーに可能な限り忠実に映画化した本作。タイムトラベルものとして、実は今まで映画化されたことがなく、よくぞ本作のプロデューサーは映像化に取り組んだ!と称えたい。外国に原作権がある小説が故に、原作県の獲得は想像以上に難航しており、出版社の協力も得て、契約にこぎつけている。監督を引き受けた三木孝浩さんも最初は不安が無きにしも非ず。とはいえ『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』という複雑な時間軸が絡むSF作品を手掛けているだけに、信頼して全く問題ない。

 

なお、タイムトラベルを用いている作品は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をはじめとして沢山作られてきたが、原点と云えるのが「夏への扉」である。時間旅行が実現した場合における根底に定義する概念を確立しており、本作では更にミステリー要素を加えて、観客を物語に惹き込ませる展開は見事なものだ。さらに、本作に対し、ユーモアセンスがあり、見る者をクスッと和ませる存在として、主人公の世話用ロボットが登場。あくまで人間ではないが、人間のような感情の起伏まで演出しており、人間が作り出したものの不完全さを体現したように感じられて興味深いキャラクターである。無謀にも思えるような名作SFの映像化に対して、思う存分に挑戦しており、本作に登場する台詞「あきらめなければ、失敗じゃないでしょ」をまさに体現した本作に拍手を送りたい。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts