Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

一晩の濃密な夜を描いた映画撮りたかった…『ガーデンアパート』石原海監督を迎え舞台挨拶開催!

2019年6月17日

金銭面で問題を抱える若い男女カップルと、酒に溺れた中年女性の姿を描く『ガーデンアパート』が関西の劇場でも公開。まずは、6月15日(土)と6月16日(日)に、京都・烏丸の京都シネマで公開、初日には、石原海監督を迎え、舞台挨拶が開催された。

 

映画『ガーデンアパート』は、UMMMI.の名で国内外の映像祭でビデオ作品を発表してきた石原海監督の長編デビュー作で、若いカップルと狂気に満ちた中年女性が過ごす一夜を描き、ロッテルダム国際映画祭「輝く未来」部門に選出されたガールズムービー。ひかりは同棲中の恋人・太郎との子どもを妊娠するが、2人ともバイト暮らしを続けていたため金銭的な問題に直面する。太郎はひかりに内緒で叔母の京子を頼るが、彼女は夫を亡くして以来アルコールに溺れ、奇妙な言動を繰り返していた。そんな京子のもとに、太郎に内緒でひかりがやって来て…

 

上映後、映画批評家の北小路隆志さんを司会に迎えて、石原海監督が登壇。若き才能の魅力を感じさせる舞台挨拶となった。

 

☆本作の構想について
北小路さん:

ストーリーは一日だけのシンプルな構造です。引き延ばされていく夜の映画を目指していたんですか?

石原監督:

一晩の映画を撮りたかった。最初と最後に登場する3人の男性はそれぞれが一晩を通して様々な夜を過ごしている。濃厚な夜を過ごしているのは私達だけではない。一晩の物語を撮る意識を以て、その3人を出演させた。

北小路さん:

ひかりはお酒を呑まない。ずっと感情を露にしないひかりを前にすると太郎は駄目に見える。ひかりからは妊娠している女性の怪物性が伺える。ひかりはどのようにして構想したのか?

石原監督:

3年前の撮影時、彼女は実際に妊娠しており、お酒が飲めない状況だった。脚本作りの上で、役者さんからプライベートなことを聞いて作り上げていった。
京子さんに対し、自由な4,50代の女性を描きたかった。実際に会ってみると、私が考える自由や気持ち悪さに寄ってくれた。一緒に役作りしていった。

 

☆印象に残る台詞

北小路さん:

印象的な台詞が多い映画。最後に「幸せは楽しいとは限らない」と太郎が云っている。

石原監督:

北小路さんと呑んでいる時、ファスビンダーの映画に「幸せは楽しいとは限らない」という台詞があると聞き、印象に残っていた。映画作りは大変、楽しくないけど作る。幸せに向かっているか分からないけれど作る。この台詞を聞いて、映画の中に登場させたくなった。

 

☆現在の石原監督

北小路さん:

今は何をしているの?

石原監督:

イギリスで映画の勉強をしています。BBCで映画を作ったり、ギャラリー向けにビデオインスタレーションを作ったりしています。また、2作目の長編を準備しています。『』で満足していないことがある。当時は映画の勉強をしておらず知らないことが多くあった。学んできた集大成として2本目の映画を作ろうと思っています。北海道で撮りたいと思っていて、タイトルは『美しき自暴自棄』と決めている。様々な人が美しいかたちで自暴自棄になっていく姿を肯定していくストーリー。

 

映画『ガーデンアパート』は、今後、7月13日(土)より、大阪・十三のシアターセブン、8月には神戸・元町の元町映画館で公開予定。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts