Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

一人息子が命を落としたハワイのハナレイ・ベイを訪れたシングルマザーの姿を描く『ハナレイ・ベイ』がいよいよ全国の劇場で公開!

2018年10月18日

(C)2018「」製作委員会

 

ハワイ・カウアイ島の美しい湾ハナレイ・ベイで、ひとり息子をサーフィン中の事故で亡くした母親が、新たな1歩を踏み出すまでを描く『ハナレイ・ベイ』が10月19日(金)より全国ロードショー公開される。

 

映画『ハナレイ・ベイ』は、2005年に発表された村上春樹さんの短編小説集「東京奇譚集」に収録された同名小説を実写映画化。シングルマザーのサチは、息子タカシがハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイでサーフィン中に大きなサメに襲われて亡くなったという知らせを受ける。ハナレイ・ベイに飛び、タカシと無言の対面を果たしたサチは息子が命を落とした海岸へ向かい、海を前にチェアに座り、本を読んで過ごした。それ以来、タカシの命日の時期になると、サチはハナレイ・ベイを訪れ、同じ場所にチェアを置いて数週間を過ごすようになった。あの日から10年、サチは偶然出会った2人の若い日本人サーファーから「赤いサーフボードを持った『右脚のない日本人サーファー』がいる」という話を耳にする…

 

本作は、吉田羊さんが主演を務め、佐野玲於さん、村上虹郎さんが共演。監督は『トイレのピエタ』の松永大司が務める。

 

映画『ハナレイ・ベイ』は、10月5¥19日(金)より全国ロードショー。

村上春樹さんによるわずか42ページの短編小説を映画化。小説の映像化作品としては入口の広い作品となった。亡くなった息子と向き合うために毎年ハナレイ・ベイを訪れて10年目。変わらぬ美しい景色の中にいるサチの映像と息子のタカシと過ごした日々の回想録が巧みに入れ替えながら物語は進んでいく。それぞれにある何気ない日常の日々が時が経てば愛おしい出来事へとなっていく。原作の行間を見事に読み取った作品になっている。

母親が子供を亡くしても生き続けていく。亡くなった場所を毎年訪れたとしても、息子が帰ってくるわけではない。亡くなった息子と向き合うと同時に、母親が自身と向き合うことになる。そんな日々が母親にとって本当に意味あることなのかは本人しかわからない。だが、サチがハナレイ・ベイを訪れ、遭遇した出来事を尊重し、その眼差しを見つめていたくなる作品として、本作は出来上がった。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts