Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

娘は殺人犯なのか?チェ・ミンシク主演のサスペンス『沈黙、愛』シネマート心斎橋で公開!

2018年7月24日

(C)2017 CJ E&M CORPORATION, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 

 

ゲーム会社の代表を務め、多くのビジネスに投資する成功者に巻き起こるサスペンスを描く『』がシネマート心斎橋で7月28日(土)より公開される。

 

本作は、『黒く濁る村』『ハッピーエンド』のチョン・ジウが監督を務める。『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクが主演、、『尚衣院 サンイウォン』のパク・シネ、『タクシー運転手 約束は海を越えて』のリュ・ジュンヨルらが脇を固めた。

 

映画『沈黙、愛』は、ゲーム会社の代表を務め、さまざまなビジネスに投資する成功者イム・テサンを主人公とするサスペンス。実業家として権力や富を手にし、有名歌手のユナとの再婚を控えるイム・テサン。しかし、ユナが殺害され、その容疑者として娘のミラが逮捕されるという最悪の現実がイムに降りかかる。娘の無実を証明するため、イムはチェ・ヘジュンという若い弁護士を雇い、自らの手で事件の調査を開始する。しかし、検察側と弁護側の証言の違いから、法廷闘争は過熱していく。そんな中、ユナの熱狂的なファンを自称するキム・ドンミョンが現れる…

 

映画『沈黙、愛』は、7月28日(土)より、大阪・心斎橋のシネマート心斎橋で公開。

チェ・ミンシクがこれまで演じてきた役を考えてみると、一筋縄ではない主人公を演じてるのだろうと感じていた。自身の立場を保持するためなら、娘のことなんてどうでもいいと内心では思っているのではないか。そんな役なのではないかと思っていたら…まさか、そんな仕掛けまで施していたとは…ということは、最初に感じていた印象を最後までキープしておかなければ、と観る前の方には言っておきたい。ネタバレしない程度に言いたいことは、ずばり”どんなお金のかけ方しとるねんっ!!”

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts