Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

こじらせアラサーと勘違い猫が涙!自分らしく生きる術を見つけていく様子を描いたファンタジー『猫は抱くもの』いよいよ公開!

2018年6月22日

(C)2018 『』製作委員会

 

心に孤独を抱えた女性と、自分を沙織の恋人だと思い込むロシアンブルーの猫の関係を描くファンタジー『猫は抱くもの』が6月23日(土)より公開される。

 

本作は、『グーグーだって猫である』の犬童一心監督が、沢尻エリカを主演に迎えて描くハートウォーミングストーリー。『リバーズ・エッジ』の吉沢亮が猫を演じる他、銀杏BOYZの峯田和伸、本作が映画初出演となる水曜日のカンパネラのコムアイらが脇を固める。

 

映画『猫は抱くもの』は、アイドルの夢を諦めた、妄想好きのアラサー女性・沙織と自分を彼女の恋人だと思い込んでいる猫・良男の関係を描いたハートウォーミングな物語。元アイドルで今はスーパーで働くアラサーの沙織は、自分が思い描く理想の姿になれず、投げやりな毎日を送っていた。そんな彼女が唯一心を開いているのが、こっそりと飼っているロシアンブルーの猫・良男だけだった。沙織の心に寄り添う良男は、自分は猫ではなく沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分しかいないと思い込んでしまう…

 

映画『猫は抱くもの』は、6月23日(土)より、大阪・梅田の大阪ステーションシティシネマ他、全国の劇場で公開。

本作は不思議な物語。戯曲的な構成が幾つも折り重なって出来上がっている。ならば舞台作品として扱えばいいが、舞台だけでは出来ないことを本作が映画として作り上げた。20世紀のアバンギャルドな日本映画ではあったかもしれないが、最近ではあまり見かけない作品ではある。脇を固める共演者には舞台出身の方が多く、御大である岩松了氏が出演しているならば、かなり作品に影響を与えたのではないかと感じてしまう。その中でも沢尻エリカはこれまでの変わらずに悲劇のヒロインを徹底して演じた。その姿にはもはや何も文句が言えない域に達したのではないかと考察にするに至った。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts