Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

愛を知れば 下界への門が開く…!『西遊記 女人国の戦い』が関西の劇場でもいよいよ公開!

2019年2月1日

“女人国“に迷い込んだ孫悟空、三蔵法師らが、国家存亡をかけた戦いに身を投じていく姿を描く『』が、2月2日(土)より、関西の劇場でも公開される。

 

映画『西遊記 女人国の戦い』は、「西遊記」を題材に、豪華キャストと最新のVFXで描いたアクションアドベンチャー「モンキー・マジック」シリーズ第3作。天竺への旅を続けていた三蔵法師と孫悟空、猪八戒、沙悟浄の4人が秘境の地で女性だけが住む女人国に迷い込む。男は残忍な生き物で国を滅ぼす毒物であるとの言い伝えがある女人国で囚われの身となってしまった4人は処刑されることとなるが、初めて目にする男性に興味を抱き、三蔵法師に心を奪われた美しい女人国女王は、4人の救出を考えるようになる。しかし、そんな女王の前に国の規律を重んじる冷酷無比な国師が立ちはだかる。

 

本作では、三蔵法師役のウィリアム・フォン、孫悟空役のアーロン・クォックら前作からのキャストに加え、台湾の人気女優リン・チーリンらが出演。監督はシリーズ全作品を手がけるソイ・チェンが担った。

 

映画『西遊記 女人国の戦い』は、2月2日(土)より、大阪・心斎橋のシネマート心斎橋で公開。

「西遊記」は、香港映画で既に何十回と描かれていて、同じような話も多い。三蔵法師と孫悟空が出会い、仲間に猪八戒と沙悟浄を引き入れて、最初の中ボス妖怪を倒し、天竺への長い旅へレッツゴー!と締めくくる。そんなビギニング風なものを沢山観てきた気がする。

 

しかし、本作はシリーズ3作目。前2作『モンキー・マジック 孫悟空誕生』『西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人』とある程度は繋がっているため、孫悟空たちの出会いも、得意技の紹介のような最初のバトルも描く必要はない。それ故に、展開はとてもテンポよく進み、他の「西遊記」には無い独特の個性的なエピソードが繰り広げられる。

 

今回の舞台は、男が全くいない国「女人国」。美青年の三蔵法師と美少女ヒロインとの淡いラブストーリーが描かれる一方で、壮大な悲恋の物語が語られる。誰かが悪いわけではないが、決して結ばれることはできない二人。「誰にも天命がある」という言葉が悲しく響く。原作の「西遊記」の持つ仏教の思想を説くかのような最後の台詞が、観る者の胸を打つだろう。

 

とてもウェットで哀しい内容ながら、上質のラブストーリー&活劇エンターテイメント作品。次回作への引きもバッチリで、早くも続編が観たくなる。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts