Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

誕生100年を迎えた童謡に込められたメッセージを伝えたい…『この道』AKIRAさんと貫地谷しほりさんを迎え舞台挨拶開催!

2019年1月13日

天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生や彼と秀才音楽家・山田耕筰との友情を通して、誰もが知る“童謡“誕生の裏に隠された物語を描く『この道』が、1月11日(金)より全国の劇場で公開されている。1月13日(日)には、大阪・難波のTOHOシネマズなんばにAKIRAさんと貫地谷しほりさんを迎えて舞台挨拶が開催された。

 

映画『この道』は、「あめふり」「ペチカ」「」など数々の童謡を残した詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、音楽家・山田耕筰との友情とともに描いていくヒューマンドラマ。天賦の才を持ちながら、酒におぼれ、隣家の人妻に手を出して姦通罪で入獄するなど、自由奔放な天才詩人・北原白秋。ドイツ留学を経て、日本初の交響楽団を結成した生まじめな性格の秀才音楽家・山田耕筰。児童文学誌「赤い鳥」を発刊した鈴木三重吉は「日本の子どもたちに、日本人による童謡を創ろう」と、性格も生き方も異なるこの2人に童謡創作の白羽の矢を立てる。2人は才能がぶつかりあいながらも、関東大震災の被害で意気消沈する子どもたちを元気づけるため、数々の童謡を世に送り出す。しかし、時勢は戦時下へと突入し、2人は子どもたちを戦場へ送り出すための軍歌を作ることを命ぜられてしまう…
北原白秋を大森南朋、山田耕筰をEXILE AKIRAが演じ、「陽はまた昇る」「半落ち」の佐々部清監督がメガホンをとった。

 

上映後、AKIRAさんと貫地谷しほりさんが登壇。前日は、東京で舞台挨拶が開催され、柳沢慎吾さんによって盛り上がったが、AKIRAさんは「本日は柳沢慎吾さんは不在ですけれども、貫地谷さんと共に皆さんを楽しませていききたい」と意気込んでいる。貫地谷さんも「私達も6時の新幹線に乗って参りました。気合は十分です」と本気度を伺わせた。

 

本作は、一年前に京都や和歌山でも撮影されたが、AKIRAは「息も白くなるような寒い時期で大変でした」と振り返る。俳優として大変な環境だったが「息が白くなるのを抑えるために、氷を舐めて口の中を冷やした上で台詞を喋る。寒い時期に大森さんと氷を舐めまくっていた。それでも白くなる程に寒かった」と告白。貫地谷さんも「和歌山の海は本当に寒かったですね」と共感する。

 

AKIRAさんは、大森南朋さんと初共演となったが、乱闘シーンもあるため「大森さんと初めて会い読み合わせをする前に、出演作『アウトレイジ』を観てしまった。大森さんの狂気な演技が頭から離れず、最初は緊張し続けていた」と打ち明けた。撮影現場では「愛嬌たっぷりな北原白秋さんが居たので、安心して演じられました」と、ひと安心。貫地谷さんも「同じ作品に出演したことはあったが、共演することは初めて。どんな感じかな」と心配していたが「演技なのか、普段の振舞なのか境目が分からなかった。未だに大森南朋さんがどういう方なのか掴めていない」と明かす。AKIRAさんは、大森さんとの乱闘シーンに向けて、丁寧な打ち合わせをしており「『アウトレイジ』や『HiGH&LOW』等の若者向けアクションだとカッコ良くなり過ぎる。山田耕筰と北原白秋だと、どうしようかといくつか提案していった」と積極的に関わっていく。その様子を見て、貫地谷さんは「殺陣は大変で、一歩間違えると大怪我になりかねない。綿密に打ち合わせされてましたね」と注目していた。

 

晩年の山田耕筰を演じるため、AKIRAさんはハリウッド級の特殊メイクに挑戦。顔の型づくりに2週間、撮影前には5~6時間を要しており「型を取るために、粘土のようなもので鼻の孔以外全部を覆う凄い状態」となり、大変だったが「滅多にない機会」だと思って取り組んだ。他にも「日本映画界を支えて下さった技術社の皆さんが素晴らしいシーンを作って下さった」と絶賛。見事なセットの中でAKIRAさんと大森南朋さんは縁側での芝居をしており、貫地谷さんは「あのシーンは切ないですよね。2人の友情に心打たれるし、なんだかとても風景相まってジーンとくるシーンでした」と印象に残っている。なお、本作では、日本の映画やドラマで一度もロケ撮影に使われたことがない、富士屋ホテルでの撮影が行われた。AKIRAさんは「クランクアップ会見も無事にスケジュールが合い開催させてもらった。滅多にない貴重な経験をさせて貰いました」と感激。なお、現在の富士屋ホテルは改装中、嘗ての姿では日本映画で最初で最後の撮影となった。

 

 

最後に、貫地谷さんは「この映画は、実在の人物を描いています。私達の役割は、こういった歴史を知って頂くきっかけをお届けしていくことだと思っています」と女優としての想いを伝えていく。AKIRAさんは「童謡100周年を迎え、100年も歌い継がれてきた沢山の童謡が様々な人達の思いでここまできた」と改めて感じ「今の時代に通ずるメッセージが映画には入っています。反戦へのメッセージや今の世代に伝えなければいけないことが童謡と共にいっぱい詰まっています」とメッセージを込め、舞台挨拶は締め括られた。

 

映画『この道』は、全国の劇場で公開中。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts