Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

旧ソ連時代に実在した忠犬パルマの実話をもとにした『ハチとパルマの物語』がいよいよ劇場公開!

2021年5月25日

(C)2021パルマと秋田犬製作委員会

 

1976年の旧ソ連時代に、モスクワ国際空港で起きた“忠犬パルマ”の実話を基にした『ハチとパルマの物語』が5月28日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『ハチとパルマの物語』は、1970年代の旧ソ連に実在した「忠犬パルマ」のエピソードを基に、犬と人間の関わりや親子の葛藤を描いた日露合作によるヒューマンドラマ。飼い主とともにプラハへ行く予定だった犬パルマは、検査の手違いからモスクワの空港に置き去りにされてしまう。空港に住み着いたパルマは毎日滑走路で飛行機を見上げ、2年間も飼い主の帰りを待ち続ける。時を同じくして、母親を亡くした9歳の少年コーリャが、パイロットである父親に預けられ空港にやって来る。コーリャとパルマは孤独なもの同士、すぐに仲良くなる。ある日、日本人に連れられた秋田犬が空港に現れる。その姿を見るパルマの目にこの上ない寂しさが宿っていることに気づいたコーリャは、パルマを飼い主の元へ戻すべく立ち上がるが…

 

本作では、『』のアレクサンドル・ドモガロフ、『』のビクトル・ドブロヌラボフ、日本からは渡辺裕之さん、藤田朋子さんらが参加。五輪金メダリストのフィギュアスケーターであるアリーナ・ザギトワが本人役で出演している。

 

(C)2021パルマと秋田犬製作委員会

 

映画『ハチとパルマの物語』は、5月28日(金)より全国の劇場で公開。関西では、京都・三条のMOVIX京都や神戸・三宮のシネ・リーブル神戸等で公開。また、大阪・梅田のシネ・リーブル梅田や難波のなんばパークスシネマ等でも近日公開。

1970年代の旧ソ連で実際にあった忠犬パルマのエピソードを映画化した本作。ひょんなことから主人の帰りをずっと待つことになってしまったパルマ。まさに忠犬ハチ公と同じような境遇である。映画として楽しめるように脚色されているだろうが、紆余曲折ありながらもパルマを受け入れた空港側の姿勢も評価してよいだろう。可愛がってもらってきた主人を忠実に待つ姿勢というのは国が違っても変わらないんだなぁと気づかされた。

 

本作は、パルマと少年コーリャの物語が中心である。コーリャは母親を亡くし父親に突然預けられ、新たな家族環境を受け入れられず孤独を感じている。似たような環境になってしまったパルマとコーリャは自然と心が通じていく。また、パルマの主人が迎えた状況とコーリャの父親が選んだ選択も通じるものがあると気づかされた。出会うべくして出会ったのがパルマとコーリャであり、最終的な選択は是が非でも応援したくなる。きっと他の国でも主人に忠実な犬の物語は沢山あるんでしょうなぁ…

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts