Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

霊を祓うことができる男と霊を見ることができる男がバディを組む心霊ミステリーホラー『さんかく窓の外側は夜』がいよいよ劇場公開!

2021年1月13日

(C)2021映画「」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

 

霊が見える男と、祓える男という心霊探偵コンビの奔走が、ユーモアとスリルを交えて描かれる『さんかく窓の外側は夜』が1月22日(金)より全国の劇場で公開される。

 

映画『さんかく窓の外側は夜』は、ヤマシタトさんのコミックを実写映画化し、「霊が視える男」と「霊を祓える男」の心霊探偵バディの活躍を描いたミステリー。書店で働く三角康介は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、康介は書店にやって来た除霊師・冷川理人に勧誘され、一緒に除霊の仕事をすることに。刑事の半澤から1年前に起きた連続殺人事件の調査を依頼された2人は、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていた。真相を探るうち、彼らは自殺した殺人犯の声を度々聴くようになり…

 

本作は、岡田将生さんと志尊淳さんのダブル主演、ストーリーの鍵を握る謎の女子高生である非浦英莉可(ヒウラエリカ)役を「欅坂46」脱退後初の映画出演となる平手友梨奈さんが共演。『』の森ガキ侑大さんが監督を務め、『重力ピエロ』の相沢友子さんが脚本を担当した。

 

(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

 

映画『さんかく窓の外側は夜』は、1月22日(金)より全国の劇場で公開。

 

森ガキ侑大監督は、前作『おじいちゃん、死んじゃったって。』で、死の裏側で育まれていく新たな生について一種の爽やかを伴って描いた。本作では、ある種の死後の世界に重心を寄せながら、生に対する執着を見出す作品を描き出す。この世を彷徨う霊が見える男を主人公にすることで、恐怖に怯えるしかない性格だけでなく、バディとして成立する新しいキャラクターを構築している。さらには、霊が持つ呪いの力を操る女子高生を登場させることで、不思議な三角関係を作り出し、新感覚のミステリーが展開していく。

 

まさに、本作は”ニュータイプ”なキャラクターが次々に登場していく。普通の人間なら、得体の知れない霊や呪いに対してなんらかの恐怖を抱いてしまう。だが、霊を視たり霊を祓ったりする能力を備えるだけで、世界は違って見える。さらに呪いを操れる能力を備えた人間が登場するならば、霊や呪いを一切信じない人間さえも登場していく。信じないことが一種の能力になるという視点は興味深い。それぞれのキャラクターに存在意義があり、本作のストーリーテリングはおもしろい。心霊ミステリーホラーと銘打ってはいるが、ホラー映画的な怖さはない。よく出来たゾンビ映画と同様に、幽霊より人間の方が怖い、を体現した作品である。どうぞビビらずに御覧あれ。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する映画ライター。
現在はオウンドメディア「キネ坊主」を中心に執筆。
最新のイベントレポート、インタビュー、コラム、ニュースなど、映画に関する多彩なコンテンツをお伝えします!

Popular Posts