Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

韓国映画初のオーストラリアが舞台、イ・ビョンホンが惚れ込んだ衝撃のミステリー!『エターナル』いよいよ関西の劇場で公開!

2018年2月15日

(C)2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

 

韓国映画初のオーストラリアを舞台に、イ・ビョンホンが惚れ込み主演を務めたサスペンス『エターナル』が関西の劇場で2月16日(金)より公開される。

 

今作は、韓国の新人監督イ・ジュヨンが、自身の脚本をもとにメガホンを取った長編監督第1作目。最近では韓国映画『MASTER マスター』『密偵』や、ハリウッド大作『マグニフィセント・セブン』『G.I.ジョー』に出演のイ・ビョンホン待望の主演作。主人公の妻を『女は冷たい嘘をつく』に出演したコン・ヒョジン。また、ストーリーに大きな衝撃をもたらすキーパーソンに『新感染 ファイナル・エクスプレス』の女子高生役で注目を浴びたアン・ソヒが出演する。

 

映画『エターナル』は、不良債権に関する事件によりすべてを失った証券会社の支店長カン・ジェフンを主人公とするミステリードラマ。証券会社で支店長として働くカン・ジェフンは、安定した仕事、オーストラリアで離れて暮らす妻のスジンと息子と2人の家族にも恵まれ、まずまず成功した人生を送っていたが、不良債権事件により平穏な日々が一変する。全てを失い、失意のジェフンは家族と会うためにオーストラリアへと向かう。しかし、やっと会うことができた妻と子にはオーストラリア人男性の影がちらつき、ジェフンをさらに落胆させる。ショックを受けたジェフンは、密かに妻子たちの秘密を探り始めるが……

 

映画『エターナル』は、2月16日(金)から京阪神のTOHOシネマズを中心に公開。

 

『MASTER マスター』『密偵』と近作では悪役寄りが多かったイ・ビョンホンだったが、今作では繊細な役柄を演じた。冒頭からどこか違和感のある役を演じ続けていたが、その違和感を大切にしておくと、最後に衝撃的な真実を知ることになる。それまではオーストラリアの風景を楽しみながら、ストーリーを味わい深く読み取っていきたい。イ・ビョンホンがシナリオに惚れ込み、演じるキャラクターにも共感。味わい深いドラマを堪能しながら、家族や友人、そして自分自身に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

Related Tags:
キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts