Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

『ピエロがお前を嘲笑う』のバラン・ボー・オダー監督がハリウッド進出!『スリープレス・ナイト』いよいよ関西の劇場で公開!

2018年2月2日

(C)2016 OR Productions LLC. All Rights Reserved.

 

2015年に日本でも公開されたドイツ映画『ピエロがお前を嘲笑う』のバラン・ボー・オダー監督が遂にハリウッド映画界に進出。フランスの同名映画をリメイクした『スリープレス・ナイト』が関西の劇場で2月3日(土)より公開される。

 

今作では、「Ray レイ」のオスカー俳優ジェイミー・フォックスが主役の悪徳警官を演じる。他にも、ミシェル・モナハン、ダーモット・マローニーらが出演。『ピエロがお前を嘲笑う』で注目されたスイス出身のバラン・ボー・オダー監督がメガホンをとり、自身初の英語劇を手がけた。

 

映画『スリープレス・ナイト』は、侵入捜査のスペシャリストである裏の顔を持つ男が長い夜の孤独な激闘を描くノンストップ・クライム・サスペンス。ラスベガス警察のヴィンセントは相棒と共謀し、マフィアでカジノ王のルビーノから25キロものコカイン強奪。しかし、内定捜査を進めていた内部調査官のブライアント、さらにルビーノとの取引を予定していた麻薬組織の冷酷なボス、ノヴァクからもヴィンセントはマークされてしまう。ノヴァクから麻薬の行方を問い詰められたルビーノによって息子を誘拐されてしまったヴィンセントは、マフィア、麻薬組織、警察内部調査官たちに包囲される中、息子を取り返すために単身カジノへ乗り込んでいく…

 

映画『スリープレス・ナイト』は、2月3日(土)から関西各地の大型劇場にて公開。

ドイツ製サイバースリラー『ピエロがお前を嘲笑う』が日本国内で公開された当時、アッと驚かされる展開のあるストーリーが口コミで話題となり知る人ぞ知る傑作と言われた。そのバラン・ボー・オダー監督が認められハリウッドに進出し、どのような作品を作るのか興味が尽きない。まずはお手並み拝見という意味でリメイク作品ではあるが、最後は驚かされる展開になっている。だが、監督の手腕はまだまだ発揮できると確信。今後も観る者をさらに驚かせる作品作りを楽しみに待っていたい。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆

Popular Posts