Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

『冬のソナタ』のユン・ソクホ初監督作品『心に吹く風』テアトル梅田で公開!

2017年7月8日

(C)松竹ブロードキャスティング

 

韓国で『冬のソナタ』等数々の名作ドラマを手がけてきたユン・ソクホ監督の初劇場用映画『心に吹く風』がテアトル梅田で7月8日(土)より公開される。

 

本作は松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト第4弾作品。「力ある監督が撮りたい映画を自由に撮る」「新しい俳優を発掘する」をテーマに、2013年に始動した松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクト。これまで沖田修一監督の『滝を見にいく』、橋口亮輔監督の『恋人たち』、坂下雄一郎監督の『東京ウィンド・オーケストラ』という作品を生み出した。

 

映画『心に吹く風』は、日本に韓流ブームを巻き起こした韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が劇場映画初メガホンをとり、春の北海道を舞台に、高校時代の初恋相手と再会した男女が織り成す2日間を綴った大人の純愛ドラマ。仕事で富良野を訪れたビデオアーティストのリョウスケは、高校時代の元恋人・春香と20年ぶりの再会を果たす。春香は既に結婚して娘もいたが、春香をずっと想い続けていたリョウスケはビデオ撮影に誘う。春香は戸惑いながらもリョウスケに同行し、忘れかけていた想いをよみがえらせていく。失った時間を取り戻すように急接近していく2人は、ついに越えてはならない一線を越える決意をするが……

 

映画『心に吹く風』は、大阪・梅田のテアトル梅田で7月8日(土)より公開。公開第1週目は、13時10分~、17時5分~の上映。なお、元町映画館でも順次公開予定。

本作は、ユン・ソクホ監督が脚本も担い、韓国映画ではなく、日本映画として制作された。北海道の雄大な自然が発している美しさを捉えていることについては、数多くの韓国ドラマの監督を担っていることが物語っている。その映像を観るだけでも充分に価値のある作品だ。

ストーリーは、主人公が初恋相手に23年ぶりに再会することから始める。私自身、初恋相手というより、初めての彼女ができたのが、22年前の今頃だったと思い出す。映画にあるようなキラキラとした出来事は全くなかったが。彼女が出来たというだけで浮足立っていた。そんな初めての彼女に今再び再開することがあるだろうか。SNS等で検索しても出て来ない。結婚し名字が変わっていたら尚更だ。わざわざ探偵や興信所を利用して調べようとまでは思わない。だた、もし再開することがあったら私はどんなことになるのだろうか、とふと思いながら本作を鑑賞した…

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆