Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト
キネ坊主

  • facebook

島の映画やさん企画『美女と野獣』上映会!洲本オリオンで開催

2017年6月12日

兵庫県・淡路島の洲本市にある島内唯一の映画館「洲本オリオン」で映画上映会を企画している「島の映画やさん」が7月2日(土)から『美女と野獣』(2D吹替)上映会を開催する。

 

島の映画やさん」は、【大人がやる本気の映画館ごっこ】をコンセプトに洲本オリオンと協力して上映会を企画してきた。2014年6月に映画上映会企画を立ち上げ、当時は休館していた洲本オリオンと試行錯誤を重ね上映会を開催してきた。2016年は『ガールズ&パンツァー』のTVシリーズ全12話・OVA・劇場版の一挙上映を行うなど、関西だけでなく関東からもお客さんが来場するほどに盛況となった。洲本オリオンはこれまでの「島の映画やさん」の取り組みと集客実績を考慮しながら、兵庫県興行協会に対して「休館の取り下げ」を申し出た。現在は月1回のペースで上映会等のイベント上映を開催している。今回、4月に開催した映画『SING/シング』(吹替版)上映会以来に上映会を企画した。

 

 

上映作品は『美女と野獣』(2D吹替)。呪いで野獣の姿に変えられた王子と美しく聡明なヒロインのベルが惹かれ合っていく姿を描く。魔女に呪いをかけられ、醜い野獣の姿に変えられてしまったひとりの王子。魔女が残していった1輪のバラの花びらがすべて散るまでに「真実の愛」を見つけなければ、永遠に人間に戻れなくなってしまう。希望をなくし失意の日々を送っていた野獣と城の住人たちの前に、美しい町娘ベルが現れる。自分の価値観を信じて生きるベルは、恐ろしい野獣の姿にもひるまず、彼の持つ本当の優しさに気づいていく…

 


島の映画やさんは、『美女と野獣』について「自分の本来の性分と異なる何か(教育とか環境)に抑圧されたり捻じ曲げられたりした者たちの愛憎の話だ」と感じながら「異端者同士の絆と相互理解を描いた素敵な物語なのでぜひご覧になってください」とコメントしている。

 

洲本オリオン『美女と野獣』(2D吹替)上映会は、7月1日(土)から7月9日(日)まで開催。土日は9時~11時10分/11時40分~13時50分/14時20分~16時30分/17時~19時10分、平日は14時20分~16時30分の上映。当日券が一般1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円となっている。なお、専用ページから事前予約にて一般1,200円、高校生以下・60歳以上900円にて鑑賞できる。

キネ坊主
映画ライター
映画館で年間500本以上の作品を鑑賞する
映画好き。映画ライター講座を受講し
関西の映画情報サイトを中心に執筆