Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト|キネ坊主

Now Loading...

関西の映画シーンを伝えるサイト|キネ坊主

CineBoze

2017年2月は46本鑑賞したキネ坊主が今月を振り返る

2017年2月28日

本日で2017年2月も終わり。先月は1ヶ月間で映画館で60本の作品を鑑賞したが、今月は46本の作品を鑑賞した。その全てを振り返る訳にはいかないが、3本をピックアップしてみた。

まずは『愚行録』、表裏のある人間が醸し出す後味の悪さがある種の気持ちよさにも感じてしまうミステリー。

ある時、エリートサラリーマンの一家が殺害され、世間を震撼させる。犯人が見つからないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した週刊誌記者の田中は取材を始める。関係者へのインタビューを通して、被害者一家や証言者自身の思いがけない実像が明らかになっていき、事件の真相が浮かび上がってくる…

冒頭にある主人公・田中と妹の光子との会話にどことなく違和感を感じたまま、登場人物たちへのインタビューを見ていた。段々と明かされる人間の表裏を見せつけられながらも、こんな人間は身の回りにも十分にいるはずで、人間を明確に善と悪で分けることはできないとスクリーンから叩きつけてくる。最後に仄めかされた出来事によって、冒頭に感じた違和感が明らかになり、一種の快感を感じて作品を観終えられた。

次に『ナイスガイズ!』、ライアン・ゴズリングが出演している作品としては『ラ・ラ・ランド』より好きな作品だと個人的には思っている。

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチは、腕っ節の強い示談屋ヒーリーとコンビを組み、失踪した少女の捜索をすることに。そこへマーチの13歳の娘ホリーも加わることになり、3人で捜索を続ける。しかし、簡単に終わるはずだったその仕事は、やがて1本の映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす巨大な陰謀へとつながっていく。3人は襲い来る殺し屋に命を狙われながら、事件解決にひた走るが…

よくあるバディムービーではあるのだが、そこに娘が関わってくることによって、作品の印象を変えている。凸凹コンビが織りなすコンビネーションには、なにかとギャグが効いているのだか、70年代のノリであるのに現代の要素が織り込まれていて、気持ちよく笑える。ポール・トーマス・アンダーソン監督の『インヒアレント・ヴァイス』に近いテイストを感じた痛快な一作。

最後に『ブラインド・マッサージ』、一種の至極な愛の作品だ。

南京の盲人マッサージ院で巻き起こる人間模様を描く。幼い頃に交通事故により視力を失い「いつか視力が回復する」と言われ続けている若手のシャオマー。目が不自由であることを理由に破談しながらも、結婚を夢見て見合いを繰り返す院長のシャー。客から「美人すぎる」と評判だが、自分にとって何の意味もたない「美」に嫌気がさすドゥ・ホン。そんな視覚障害者たちが働く南京のマッサージ院にシャーを頼って同級生ワンと恋人のコンが駆け落ち同然で転がり込んできた。彼ら2人によって、平穏だったマッサージ院の日常が一転し、緊張が走るようになる…
全く見えない人と徐々に見えなくなっていく人たちがいる中で、愛という見えないものを掴もうとしている姿が美しく、時に痛々しい姿として観客に投げかけてくる。中国映画の俳優陣と実際の視覚障害者らが出演し一つの作品として作られていることに驚かされる。登場人物になったかのような錯覚に陥る光と闇が混在したぼやけた映像によって幻想的な空間に誘ってくれる。今見えている世界には本当に何が存在しているのかを問いかけ、心を揺さぶられる一作であった。

なお、今月鑑賞した作品は以下の通り

『エゴン・シーレ 死と乙女』【2月1日(水)鑑賞@テアトル梅田】
『愛MY』【2月1日(水)鑑賞@大阪ステーションシティシネマ】
『お元気ですか?』【2月2日(木)鑑賞@シアターセブン】
『ジムノペディに乱れる』【2月3日(金)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『虐殺器官』【2月3日(金)鑑賞@TOHOシネマズ梅田】
『ディスタンス』【2月4日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『貌斬り KAOKIRI』【2月4日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『レミニセンティア』【2月4日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『ワイルド わたしの中の獣』【2月6日(月)鑑賞@シネマート心斎橋】
『君と100回目の恋』【2月6日(月)鑑賞@TOHOシネマズ梅田】
『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』【2月7日(火)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『ショコラ~君がいて、僕がいる~』【2月8日(水)鑑賞@テアトル梅田】
『真夜中のパリでヒャッハー!』【2月8日(水)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『ホームレス ニューヨークと寝た男』【2月10日(金)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『王様のためのホログラム』【2月10日(金)鑑賞@大阪ステーションシティシネマ】
『マリアンヌ』【2月11日(土)鑑賞@TOHOシネマズ梅田】
『タンジェリン』【2月13日(月)鑑賞@シネマート心斎橋】
『たかが世界の終わり』【2月14日(火)鑑賞@テアトル梅田】
『サバイバルファミリー』【2月14日(火)鑑賞@TOHOシネマズ梅田】
『スクラップスクラッパー』【2月15日(水)鑑賞@シアターセブン】
『ブラック・ファイル』【2月16日(木)鑑賞@MOVIXあまがさき】
『トッド・ソロンズの子犬物語』【2月17日(金)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『風に濡れた女』【2月17日(金)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方』【2月17日(金)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
『セル』【2月17日(金)鑑賞@大阪ステーションシティシネマ】
『風は生きよという』【2月18日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『ママ、ごはんまだ?』【2月18日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『太陽を掴め』【2月18日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『ドラゴン危機一髪’97』【2月18日(土)鑑賞@京都みなみ会館】
『女ドラゴンと怒りの未亡人軍団』【2月18日(土)鑑賞@京都みなみ会館】
『片腕ドラゴン』【2月18日(土)鑑賞@京都みなみ会館】
』【2月20日(月)鑑賞@MOVIXあまがさき】
『一週間フレンズ。』【2月23日(木)鑑賞@MOVIXあまがさき】
『天使のいる図書館』【2月24日(金)鑑賞@シネマート心斎橋】
『エリザのために』【2月24日(金)鑑賞@シネマート心斎橋】
『ラ・ラ・ランド』(IMAX)【2月24日(金)鑑賞@TOHOシネマズなんば】
『0円キッチン』【2月24日(金)鑑賞@シネ・リーブル梅田】
』【2月24日(金)鑑賞@MOVIXあまがさき】
『パリ、恋人たちの影』【2月25日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『内なる傷痕』【2月25日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『秘密の子供』【2月25日(土)鑑賞@第七藝術劇場】
『彼らが本気で編むときは、』【2月25日(土)鑑賞@MOVIXあまがさき】
『クローズ・アップ』【2月26日(日)鑑賞@シネ・ヌーヴォ】
』【2月27日(月)鑑賞@シネマート心斎橋】
『GARAGE ROCKIN’ CRAZE』【2月27日(月)鑑賞@シネマート心斎橋】
『牝猫たち』【2月28日(火)鑑賞@シネ・リーブル梅田】

今月鑑賞した作品の中には、予告編やメディアによって、より一層素晴らしい作品であることをPRしていたものがいくつかある。それらは公開までに期待値が上がってしまい、鑑賞してみれば、実はそんなに…と感じてしまった作品がいくつかあった。(それがどれかはここでは書かないが…)

逆にそんなに宣伝される機会のなかった作品の中に、極上の一作が潜んでいた場合もある。その時の方が、良い作品を観たという快感の大きさが割り増しされているようにも感じる。

結局、どこに名作が潜んでいるのかは鑑賞するまでは分からず、だからこそ、どこかに、これぞ!な作品がないのかと追い求めて日々映画館に足繁く通う日々が続くのである。

さぁ、来月はどんな作品に出逢えるだろう。今から楽しみな限り。

Related Posts

Monthry Archive

Pick Up

2017年4月23日

『TOKYO CITY GIRL -2016-』大阪で上映開始 2日目舞台挨拶開催

2017年4月22日

『TOKYO CITY GIRL -2016-』大阪で上映開始 初日舞台挨拶開催

2017年4月18日

デコボーカル ーdecovocalー特集!姫路で短編アニメーション上映会開催

2017年4月17日

島の映画やさん企画『SING/シング』上映会!洲本オリオンで開催